伊能忠敬関係資料[伊能忠敬記念館/千葉]

伊能忠敬関係資料[伊能忠敬記念館/千葉]

伊能忠敬のこと

延享2年(1745年)に、上総国山武郡(現在の千葉県山武郡九十九里町)に生まれた伊能忠敬は、佐原の商家に婿入りすると17歳で家業を継いだ。 佐原でも有数の名家だった伊能家の当主として、家業だけでなく名主や村方後見も務め、寛政6年(1794年)に家督を長男に譲り、49歳で隠居になる。

翌年、江戸深川に転居すると、幕府の天文方を務める「高橋至時」に弟子入りし、天文学や測量学を学ぶ。 5年後の寛政12年(1800年)に、奥州街道と蝦夷東海岸に第1回目の測量に出かけ、その後も毎年測量の旅を続ける。 文化元年(1804)に東日本の地図を幕府に献上すると、家斉将軍の上覧を受け、幕府に召し抱えられる。

翌年からは、幕府や諸藩の協力もあり、文化13年(1816年)71歳まで測量を続けるが、文政元年(1818年)に73歳で世を去る。 日本地図の作成は弟子たちが引き継ぎ、3年後の文政4年(1821年)に完成した。

国宝『伊能忠敬関係資料』

伊能忠敬が、17年かけて測量して完成した地図は、日本初の全国の実測地図で、精度が高くヨーロッパでも高い評価をされる。 伊能家に残された忠敬に関する資料が、一括で国宝に指定されている。 その内容は、地図や計測器具の他、書状や参考書なども含まれ、忠敬の人となりを知る資料になっている。

国宝指定の内容

地図・絵図類 787点
文書・記録類 569点
書状類 398点
典籍類 528点
器具類  63点

この国宝を観るには

千葉県香取市にある「伊能忠敬記念館」では、企画展と常設展があり、常設展では国宝の一部が展示され、約2ヶ月程度で内容がかわる。 年に1度程度、企画展で測量器具が公開される。

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-10142
【指定番号】00003-0
【種別】歴史資料
【指定名称】伊能忠敬関係資料
【ふりがな】いのうただたかかんけいしりょう
【員数】2345点
【時代・年】江戸時代
【所在地】伊能忠敬記念館
【所有者】香取市
【国宝指定日】2010.06.29
【説明】伊能忠敬(1745~1818)は、寛政12年(1800)から文化13年(1816)にかけ10次にわたって測量隊を統率して日本全国を測量し、国土の形状とその地球上の位置を最初に図示した。本資料群は忠敬の学問、地図制作の具体的方法のみならず、生涯の事績を多面的に伝える。

出典:国指定文化財等データベース 一部抜粋

国宝データ 考古・歴史資料カテゴリの最新記事