スポンサーリンク

国宝カレンダー

※新型コロナウイルス感染防止対策のため、状況には地域差があります。 寺社や施設によって対応が異なり、入場に制限や条件がつく場合や、事前予約制の場合もありますので、ご注意ください。

詳しい情報は各月のカレンダーにあります。以下は大きい展示・イベントのみです

『 』で囲んであるのは『国宝』です

2021年の 特別公開・ご開帳

定期的なご開帳や特別公開は、それぞれの月や季節の欄に書いています。

9/11~10/30の土曜日
瑞巌寺坐禅体験会
国宝『瑞巖寺 本堂(元方丈)』で座禅と法話

9月下旬~11月上旬の天候の良い日
足利学校「曝書」[栃木]
国宝『宋刊本文選(金沢文庫本)』『宋版礼記正義』『宋版尚書正義』『宋版周易注疏』などの虫干しをするところを、やや離れたところから鑑賞できる

10/9~11/23
国宝『興福寺 五重塔』所蔵内陣公開[奈良]※22年3月にも公開予定
室町時代の薬師・釈迦・阿弥陀・弥勒三尊像の公開

10/25~11/15
国宝『阿弥陀三尊・童子像』[法華寺/奈良]
国宝『十一面観音立像』[法華寺/奈良]
法華寺本堂では、国宝『維摩居士坐像』が常時参拝可能

10/30~11/7
国宝『海住山寺 五重塔』特別開扉[京都]

10/30~12/12
東寺紅葉ライトアップと金堂・講堂夜間特別拝観[京都]
国宝『 金堂 』「講堂」夜間特別拝観で『 五大菩薩坐像』『五大明王像』『梵天・帝釈天像』『四天王立像
国宝『 五重塔 』ライトアップ

高野山 霊宝館「高野山の名宝」4/17~11/28[和歌山]

通期
国宝『八大童子立像』[金剛峯寺]
国宝『聾瞽指帰』空海筆[金剛峯寺]ⅠⅡ期は上巻、ⅢⅣ期は下巻
国宝『諸尊仏龕』[金剛峯寺]

Ⅰ期(4/17~6/6)
国宝『阿弥陀聖衆来迎図』[高野山有志八幡講十八箇院]
国宝『阿弥陀三尊像』[蓮華三昧院]
国宝『澤千鳥螺鈿蒔絵小唐櫃』[金剛峯寺]
国宝『不空羂索神変真言経』[三宝院]
国宝『文館詞林残巻』[正智院]

Ⅱ期(6/8~8/1)
国宝『五大力菩薩像』[高野山有志八幡講十八箇院]
国宝『大字法華経』[竜光院]
国宝『紫紙金字金光明最勝王経』[竜光院]
国宝『細字金光明最勝王経』[竜光院]

Ⅲ期(8/3~10/3)
国宝『伝船中湧現観音像』[竜光院]
国宝『善女竜王像』[金剛峯寺]
国宝『紺紙金銀字一切経(中尊寺経)』[金剛峯寺]
国宝『文館詞林残巻』[宝寿院]
国宝『宝簡集』から源義経書状[金剛峯寺]

Ⅳ期(10/5~11/28)
国宝『仏涅槃図』[金剛峯寺]
国宝『勤操僧正像』[普門院]
国宝『続宝簡集』から織田信長朱印状・豊臣秀吉朱印状[金剛峯寺]

高松塚古墳・キトラ古墳壁画 特別公開

10/16~10/22
国宝『高松塚古墳 壁画』[奈良]

10/16~11/14
国宝『キトラ古墳 壁画』[奈良]

春日大社 国宝殿「金工の美」9/4~12/13

国宝『赤絲威鎧(竹虎雀)
国宝『赤絲威鎧(梅鴬)
国宝『本宮御料古神宝類
国宝『若宮御料古神宝類
国宝『鼉太鼓』※原則として常時展示

9/4~10/17
国宝『籠手
国宝『黒韋威矢筈札胴丸

10/19~12/13
国宝『黒韋威胴丸

熱田神宮 草薙館「開館記念特別宝刀展」10/3開館~10/25[愛知]

国宝『短刀 銘 来国俊

大覚寺 霊宝館「中世の英主・後宇多法皇と大覚寺」10/8~12/6[京都]

通期
国宝『後宇多天皇宸翰御手印遺告

10/8~11/7
国宝『後宇多天皇宸翰弘法大師伝

醍醐寺 霊宝館「弘法大師と醍醐寺-空海上人への想い-」10/15~12/10[京都]

国宝『薬師如来 両脇侍像
国宝『五重塔』旧四天柱
国宝『狸毛筆奉献表』伝空海筆
国宝『大日経開題』空海筆
国宝『醍醐寺文書聖教』から12点

京都「第57回京都非公開文化財特別公開」10/16~12/5

10/16~12/5
国宝『賀茂別雷神社(上賀茂神社)本殿・権殿』特別参拝

10/18~12/5
国宝『東福寺 三門』二層への登楼

10/29~11/7
国宝『知恩院 三門』二層への登楼

10/30~11/14
国宝『石清水八幡宮』特別参拝

奈良市「秋夜の奈良旅2021」10/29~11/20の金・土[奈良]

期間中の土曜日(10/30・11/6・13・20)
国宝『春日大社本社 本殿』夜間特別参拝と万燈籠

期間中の11/12・13を除く金土(10/29・30、11/5・6、11/19・20)
国宝『興福寺 五重塔』所蔵内陣公開[奈良]※10/9~11/23に特別開扉中の五重塔を夜間も公開

期間中の金土(10/29・30、11/5・6、11/12・13、11/19・20)
国宝『元興寺 極楽坊本堂・禅室』本堂の夜間特別参拝、禅室(通常非公開)の開扉

2021年の 美術館・博物館・宝物館

鎌倉文華館鶴岡ミュージアム「鶴岡八幡宮の名刀」9/1~12/5[神奈川]

通期
国宝『太刀 銘 正恒・拵』[鶴岡八幡宮/神奈川]
国宝『古神宝類』から「沃懸地杏葉螺鈿太刀 無銘 甲」「沃懸地杏葉螺鈿太刀 無銘 乙・拵」「沃懸地杏葉螺鈿平胡籙」[鶴岡八幡宮/神奈川]

大阪市立美術館「聖徳太子-日出づる処の天子」9/4~10/24[大阪]

★は大阪の四天王寺から

通期
国宝『丙子椒林剣』★
国宝『金銅威奈大村骨蔵器』★
国宝『扇面法華経冊子』★ ※展示替えあり
国宝『懸守』★ ※展示替えあり
国宝『四天王寺縁起』★ 前期「根本本」、後期「後醍醐天皇宸翰本」

9/28~10/24
国宝『醍醐寺文書聖教』から「三国祖師影」[醍醐寺/京都]

10/12~10/24
国宝『一遍上人絵伝(一遍聖絵)』第2巻[遊行寺/神奈川]

龍谷ミュージアム「アジアの女神たち」9/18~11/23[京都]

9/18~9/24
国宝『吉祥天像』[薬師寺/奈良]

前期(9/18~10/17)
国宝『金光明最勝王経(百済豊虫願経)』第7巻[西大寺/奈良]

岐阜市歴史博物館「波濤を越えて-鑑真和上と美濃の僧・栄叡」10/8~11/23[岐阜]

国宝『伝衆宝王菩薩立像』[唐招提寺/奈良]
国宝『紫紙金字金光明最勝王経』[奈良国立博物館]
国宝『興福寺金堂鎮壇具』[東京国立博物館]
国宝『金銅獅子唐草文鉢』[護国之寺/岐阜]

石川県立歴史博物館「尾張徳川家の至宝」10/9~11/23[石川]

国宝『源氏物語絵巻
 10/9~10/24「竹河(二)」
 11/8~11/23「東屋(一)」
国宝 『婚礼調度(初音の調度)』 ※前後期で展示替えあり
国宝『太刀 銘 長光(名物遠江長光)』
※全て徳川美術館所蔵

九州国立博物館「海幸山幸-祈りと恵みの風景-」10/9~12/5

通期
国宝『宗像大社沖津宮祭祀遺跡出土品』から「三角縁神獣鏡」
国宝『宮地嶽古墳出土品』から「鐙」
国宝『平家納経』[厳島神社/広島]※前後期で展示替え
国宝『海磯鏡』[東京国立博物館]
国宝『桜ヶ丘遺跡出土銅鐸』[神戸市立博物館]

10/9~11/7
国宝『紺絲威鎧』[厳島神社/広島]
国宝『誓願寺盂蘭盆縁起』栄西筆[誓願寺/福岡]
国宝『島津家文書』から「薩藩勝景百図」[東京大学]

11/9~12/5
国宝『無準師範墨蹟(円爾印可状)』[東福寺/京都]

11/16~12/5
国宝『日月四季山水図屏風』[金剛寺/大阪]

京都国立博物館「畠山記念館の名品」10/9~12/5

国宝6点は畠山記念館の所蔵品

10/9~11/7
国宝『蝶牡丹蒔絵螺鈿手箱
国宝『離洛帖』藤原佐理筆
国宝『林檎花図』伝趙昌筆
国宝『禅機図断簡 智常李渤図』因陀羅

11/9~12/5
国宝『煙寺晩鐘図』伝牧谿筆
国宝『大慧宗杲墨蹟

江戸東京博物館「縄文2021―東京に生きた縄文人―」10/9~12/5[東京]

10/19~11/11
国宝『土偶(縄文のビーナス)』[茅野市尖石縄文考古館/長野]

11/12~12/5
国宝『土偶(仮面の女神)』[茅野市尖石縄文考古館/長野]

東京国立博物館「最澄と天台宗のすべて」10/12~11/21

国宝『聖徳太子・天台高僧像』[一乗寺/兵庫] ※11/2~11/7は10幅全て公開
 通期 10/12~11/21「慧文」「灌頂」
 前期 10/12~11/7「最澄」「円仁」「龍樹」「善無畏」
 後期 11/2~11/21「智顗」「慧思」「湛然」「聖徳太子」

国宝『智証大師関係文書典籍』[園城寺(三井寺)/滋賀]
 前期 10/12~11/7「最澄台州明州公験写」「円珍台州公験請状 」「福州温州台州求法目録」
 後期 11/2~11/21「徳円印信之類」「国清寺求法目録」

国宝『六道絵』[聖衆来迎寺/滋賀]
 前期 10/12~11/7「人道浄相」「人道苦相Ⅰ」「人道苦相Ⅱ」
 後期 11/2~11/21「等活地獄」「餓鬼道」「譬喩経所説念仏功徳説話」「優婆塞戎経所説念仏功徳説話」

通期
国宝『嵯峨天皇宸翰 光定戒牒』[延暦寺/滋賀]
国宝『智証大師坐像(御骨大師)』[園城寺(三井寺)/滋賀]
国宝『釈迦如来倚像』[深大寺/東京]
国宝『法華経(浅草寺経)』巻第2[浅草寺/東京]
国宝『法華一品経(慈光寺経)』勧持品第13[慈光寺/埼玉]

10/12~10/31
国宝『伝教大師度縁案並僧綱牒』[来迎院/京都]
国宝『天台法華宗年分縁起(山家学生式)』最澄筆[延暦寺/滋賀]
国宝『尺牘 久隔帖』伝最澄筆[奈良国立博物館]
国宝『五部心観』[園城寺(三井寺)/滋賀]
国宝『普賢菩薩像』[豊乗寺/鳥取]

11/2~11/21
国宝『羯磨金剛目録』[延暦寺/滋賀]

和歌山県立博物館「きのくにの名宝」10/16~11/23[和歌山]

国宝『古神宝類』[熊野速玉大社/和歌山]※一部前後期で展示替えあり
国宝『速玉大神・夫須美大神・家津御子大神・国常立命坐像』[熊野速玉大社/和歌山]
国宝『人物画象鏡』[隅田八幡神社/和歌山]
国宝『銀銅蛭巻太刀拵』[丹生都比売神社/和歌山]
国宝『続宝簡集・又続宝簡集』[金剛峯寺/和歌山]

毛利博物館「国宝」10/30~12/5[山口]

国宝『菊造腰刀(刀身 無銘 伝当麻)
国宝『古今和歌集(高野切本)
国宝『史記 呂后本記
国宝『四季山水図』雪舟筆

サントリー美術館「聖徳太子-日出づる処の天子」2021/11/17~2022/1/10[東京]

※期間未確認  ★は大阪の四天王寺から
国宝『四天王寺縁起』★
国宝『金銅威奈大村骨蔵器』★
国宝『七星剣』★
国宝『懸守』★
国宝『一遍上人絵伝(一遍聖絵)』第2巻[遊行寺/神奈川]

奈良国立博物館「国宝 聖林寺十一面観音」2022/2/5~3/27

国宝『十一面観音立像』[聖林寺/奈良]

九州国立博物館「最澄と天台宗のすべて」2022/2/8~3/21

2/8~2/27
国宝『天台法華宗年分縁起(山家学生式)』最澄筆[延暦寺/滋賀]

※期間未確認
国宝『釈迦金棺出現図』[京都国立博物館]
国宝『六道絵』[聖衆来迎寺/滋賀]
国宝『扇面法華経冊子』[東京国立博物館]
国宝『金銅経箱(横川出土)』[延暦寺/滋賀]

東京国立博物館「空也上人と六波羅蜜寺」2022/3/1~5/8

※確認中

秋水美術館「歌仙絵と太刀」2022/4/9~5/15[富山]

国宝『稿本 北山抄』藤原公任筆[京都国立博物館]

京都国立博物館「最澄と天台宗のすべて」2022/4/12~5/22

国宝『聖徳太子及天台高僧像』から「最澄像」[一乗寺/兵庫]
国宝『七条刺納袈裟』[延暦寺/滋賀]
国宝『宝相華蒔絵経箱』[延暦寺/滋賀]

奈良国立博物館「大安寺のすべて」2022/4/23~6/19

※確認中

東京国立博物館「琉球」2022/5/3~6/26

国宝『琉球国王尚家関係資料』[那覇市歴史博物館]

九州国立博物館「琉球」2022/7/16~9/4

国宝『琉球国王尚家関係資料』[那覇市歴史博物館]

京都国立博物館「京に生きる文化―茶の湯―」2022/10/8~12/4

国宝『井戸茶碗(銘 喜左衛門)』[孤篷庵/京都]
国宝『観楓図』狩野秀賴筆[東京国立博物館]

サントリー美術館「智積院の名宝」2022/11/30~2023/1/22

国宝『障壁画 桜楓図ほか』長谷川等伯・久蔵筆[智積院/京都]

毎月決まった日に公開

1日 吉備津神社『本殿』早朝昇殿参拝
8日 清涼寺『釈迦如来立像』[京都]
8日 浄瑠璃寺『三重塔』初層公開[奈良](通常は外観のみ、雨天中止)
16日 西本願寺『対面所・白書院』『飛雲閣Shinran’s Day法要参加者のみ
18日 葛井寺『千手観音坐像』[大阪]
18・25日 道明寺『十一面観音立像』[大阪]
29日 醍醐寺『五重塔』開扉[京都](¥1,000で写経奉納すると四方の扉から中を拝観できる)

季節や期間を決めて公開

春・秋に公開・御開帳

神護寺『五大虚空蔵菩薩像』[京都]
興福寺 北円堂『弥勒如来坐像』『無著・世親菩薩立像』『四天王立像』[奈良]
銀閣寺『東求堂』特別公開(別途¥1,000)[京都]
清凉寺 霊宝館『阿弥陀如来・両脇侍坐像』[京都]
醍醐寺 霊宝館『薬師如来・両脇侍像』ほか[京都]
仁和寺 霊宝館『阿弥陀如来・両脇侍像』ほか[京都]
教王護国寺(東寺)『五重塔』初層、宝物館、『観智院』など年により
松尾寺 宝物殿『普賢延命像』[京都]
金剛寺『大日如来坐像・不動・降三世明王坐像』『日月山水図屏風』[大阪]
法隆寺 秘宝展[奈良]
法隆寺 夢殿『観音菩薩立像(救世観音)』[奈良]
法華寺『十一面観音菩薩像』[奈良]
米沢市 上杉博物館『上杉本洛中洛外図屏風』[山形]
西大寺 聚宝館『金銅宝塔』[奈良]
西明寺『三重塔』内部壁画公開[滋賀]
西明寺『本堂』後陣仏像群公開[滋賀]
今治市玉川近代美術館『伊予国経塚出土品』[愛媛]

春に公開

道明寺天満宮『菅公遺品6点』(梅まつり期間の週末、他三が日や縁日も)[大阪]
彦根城博物館『彦根屏風』[滋賀]

秋に公開

海住山寺『五重塔』開扉[京都]
東福寺塔頭『龍吟庵』(他3月に3日間公開)[京都]
法華寺『阿弥陀三尊・童子像』[奈良]
毛利博物館 国宝展『菊造腰刀』『古今和歌集』『史記』『四季山水図』[山口]

その他の公開期間

12・1月、6・7月
日枝神社『太刀 銘則宗』[東京]

1月・8月(公開期間が変更される場合あり)
照国神社『太刀 銘 国宗』[鹿児島県歴史資料センター黎明館寄託]

年に1日~数日、数回のみの公開

1月

1日
東大寺『大仏殿』観相窓開扉[奈良]

1~3日
円覚寺『舎利殿』[神奈川]
獅子窟寺『薬師如来坐像』[大阪府]
 ※通常は要予約での拝観
東大寺『二月堂』[奈良]
 ※常時拝観可能だが3が日は堂内に万灯明を灯す。
薬師寺『吉祥天像』[奈良]
霊山寺『本堂』内厨子開扉(仏像は重文)[奈良]
道明寺天満宮『菅公遺品6点』(梅まつり期間の週末、縁日も)[大阪]
道明寺『十一面観音立像』(毎月18・25日も)[大阪]
慈眼院『多宝塔』開扉[大阪]
不動院『金堂』開扉内部参拝[広島]

8日 
新薬師寺『本堂』薬師悔過 [奈良]
鶴林寺『本堂』修正会[兵庫]

18日
護国之寺『金銅獅子唐草文鉢』[岐阜]

下旬
高松塚古墳『壁画』[奈良]
キトラ古墳『壁画』[奈良]

2月

3日 慈眼院『多宝塔』開扉[大阪]

3月

14~16日
東福寺『三門』『龍吟庵』(龍吟庵は秋にも公開)[京都]

15日
永保寺『観音堂』『開山堂』内部公開[岐阜]

21日
法隆寺 聖霊院『木造聖徳太子、山背王、殖栗王、卒末呂王、恵慈法師坐像』お逮夜で拝観[奈良]
22~24日
法隆寺聖霊院 ※上記像は開扉はされるが供物等で見えづらい[奈良]

4月

17・18日
観心寺『如意輪観音坐像』 4点の国宝から公開[大阪]

5月

1~5日
神護寺 虫払特別公開[京都]

2日
東大寺聖武天皇祭『本坊経庫』[奈良]※法要は隣の建物で開催

5日前後
金剛寺『日月山水図屏風』[大阪]

13~15日
神護寺『五大虚空蔵菩薩坐像』[京都]

中旬
高松塚古墳『壁画』[奈良]
キトラ古墳『壁画』[奈良]

6月

5~7日
唐招提寺 御影堂『鑑真和上坐像』[奈良]

5~10日
法華寺『十一面観音像』[奈良]

13・14日
善通寺『金銅錫杖頭』[香川]

7月

5日
東大寺『重源上人坐像』[奈良]

7日
興福寺『三重塔』開扉[奈良]

24日
法隆寺『東院伝法堂』地蔵会で開扉[奈良]

下旬
高松塚古墳『壁画』[奈良]
キトラ古墳『壁画』[奈良]

8月

8日
正福寺『地蔵堂』内部[東京]

16日
聖衆来迎寺『六道絵』[滋賀]

17日
水神社『線刻千手観音等鏡像』[秋田]1時間のみ

18日
護国之寺『金銅獅子唐草文鉢』[岐阜]

9月

24日
正福寺『地蔵堂』内部[東京東村山]

下旬
高松塚古墳『壁画』[奈良]
キトラ古墳『壁画』[奈良]

10月

5日
東大寺『僧形八幡神坐像』[奈良]

17日
興福寺 南円堂『不空羂索観音像』『四天王像』[奈良]

21~23日
唐招提寺『舎利容器』金亀舎利塔[奈良]

29日
園城寺(三井寺)御廟『智証大師坐像』[滋賀]

第2土日祝
神護寺『五大虚空蔵菩薩坐像』[京都]

第2日曜
大徳寺 曝涼展[京都]
唐門』『方丈・玄関』『大燈国師像』『観音図・猿図・鶴図(牧谿筆)』『後醍醐天皇宸翰御置文』『虚堂智愚墨蹟(達磨忌拈香語)』

第2日曜
高桐院(大徳寺塔頭)曝涼展[京都]『山水図』

11月

1~3日
法隆寺 上御堂『釈迦三尊像』[奈良]

3日
善通寺『一字一仏法華経序品』[香川]
正福寺『地蔵堂』内部[東京東村山]

13日(隔年)
薬師寺「慈恩会」『慈恩大師像

15日
小村神社『金銅荘環頭大刀拵・大刀身』[高知]

上旬
円覚寺『舎利殿』[神奈川鎌倉](2018年は3~5日)

全日
毛利博物館 国宝展[山口](11月と前後数日)

12月

16日
東大寺 俊乗堂『重源上人坐像』[奈良]
東大寺 開山堂『良弁僧正坐像』[奈良]
東大寺 法華堂『執金剛神立像』[奈良]

タイトルとURLをコピーしました