スポンサーリンク

国宝カレンダー

※新型コロナウイルス感染防止対策のため、状況には地域差があります。 寺社や施設によって対応が異なり、入場に制限や条件がつく場合や、事前予約制の場合もありますので、ご注意ください。

詳しい情報は各月のカレンダーにあります。以下は大きい展示・イベントのみです

『 』で囲んであるのは『国宝』です

2023年の 特別公開・ご開帳

定期的なご開帳や特別公開は、それぞれの月や季節の欄に書いています。

2022/9/3~2023/3/26
国宝『方丈障壁画』狩野松栄・永徳筆[聚光院/京都]里帰り展示

高松塚古墳・キトラ古墳 壁画特別公開 2022年度

国宝『高松塚古墳 壁画』[奈良]
5/21~5/27、7/23~7/29、10/15~10/21、2023/1/21~1/27

国宝『キトラ古墳 壁画』[奈良]
5/21~6/19、7/23~8/21、10/15~11/13、2023/1/21~2/19

奈良うまし冬めぐり 2022年12月~2023年3月

数日間からほぼ毎日開催までイベントにより日程があります。
詳しくは、このWEBサイトの 特集ページ公式サイト をご確認ください。

■非公開エリアでの国宝鑑賞
国宝『石上神宮 拝殿』拝殿での朝拝と境内散策
国宝『長谷寺 本堂』で「本尊特別拝観
国宝『金峯山寺 蔵王堂』ほか諸堂で修験僧侶(山伏)と一日ミニ修行
国宝『春日大社 本殿』特別参拝
国宝『元興寺 禅室』座禅体験
国宝『室生寺 金堂』外陣からの特別参拝と僧侶との茶話会

■案内付きの国宝鑑賞
興福寺 国宝館の早朝拝観(国宝多数)
新薬師寺 国宝本堂の早朝拝観と香薬師堂特別拝観
薬師寺 僧侶の案内で夜間拝観
唐招提寺 僧侶の案内で特別拝観
法隆寺 僧侶の案内で世界遺産を2時間拝観
當麻寺中之坊 奥院「綴織當麻曼荼羅絵解き」と伽藍めぐり
安倍文珠院 本堂の特別参拝と薬膳あずき粥

京の冬の旅 1/7~3/19

1/7~3/19
国宝『東寺 五重塔』内部特別公開

1/28~3/4(特定日を除く)
僧侶が案内する西本願寺書院
国宝『書院(対面所・白書院)』『北能舞台』※要事前予約

奈良大和四寺巡礼 冬の特別参拝 1/8~3/31

奈良大和四寺巡礼特別参拝(10時~・14時~で要予約)
国宝『長谷寺 本堂』仁王門前から僧侶の方の案内、本尊特別拝観
国宝『室生寺 金堂』金堂外陣での特別拝観、本尊へお勤め
国宝『騎獅文殊菩薩・脇侍像』安倍文珠院本尊の前でお勤めと寺内の案内
岡寺は、僧侶の方が本堂を案内し、一緒に本尊へのお勤め

2022年の 美術館・博物館・宝物館

国宝が複数出展される大型の展覧会のみ抜粋しています、詳しくは毎月のカレンダーをご覧ください。

佐野美術館「乱世を駆け抜けた名刀」1/7~2/12[静岡]

国宝『薙刀 銘 備前国長船住人長光造
国宝『太刀 銘 一

永青文庫「揃い踏み 細川の名刀たち」1/14~5/7[東京]

国宝『太刀 銘 豊後国行平作(古今伝授の太刀)
国宝『短刀 無銘 正宗(名物 庖丁正宗)
国宝『短刀 銘 則重(日本一則重)
国宝『刀 金象嵌銘 光忠 光徳花押 生駒讃岐守所持(生駒光忠)

MOA美術館「名品展 国宝「紅白梅図屏風」」1/27~3/14[静岡]

国宝『色絵藤花文茶壺(仁清作)
国宝『手鑑 翰墨城
国宝『紅白梅図屏風(尾形光琳筆)

東京国立博物館「新指定国宝・重要文化財」1/31~2/19

国宝『北海道白滝遺跡群出土品』[遠軽町/遠軽町埋蔵文化財センター保管]

三の丸尚蔵館所蔵の新国宝3件『喪乱帖』『更級日記(藤原定家筆)』『万葉集 巻第二・第四残巻(藤原定信筆)』はパネル展示

書道博物館「王羲之と蘭亭序」1/31~4/23[東京]

1/31~3/12
国宝『世説新書 巻第六残巻(規箴)』[文化庁]

2/28~3/26
国宝『世説新書巻第六残巻(規箴・捷悟)』[京都国立博物館]

3/28~4/23
国宝『世説新書巻第六残巻(豪爽)』[東京国立博物館]

ふくやま美術館「名刀 江雪左文字」2/4~3/19[広島]

国宝『太刀 銘 筑州住左(江雪左文字)
国宝『短刀 無銘 正宗(九鬼正宗)』[林原美術館/岡山]
国宝『短刀 無銘 貞宗(名物 寺沢貞宗)』[文化庁]
国宝『短刀 銘 国光(名物 会津新藤五)
国宝『太刀 銘 正恒(蜂須賀正恒)
国宝『短刀 銘 左筑州住(太閤左文字)
国宝『太刀 銘 則房
国宝『太刀 銘 国宗
国宝『太刀 銘 吉房

茨城県立歴史館「鹿島と香取」2/17~3/21[茨城]

国宝『直刀・黒漆平文大刀拵』[鹿島神宮/茨城]
国宝『海獣葡萄鏡』[香取神宮/千葉]

東京国立博物館「東福寺」3/7~5/7

通期
国宝『宋版太平御覧』[東福寺/京都]

3/7~4/2
国宝『無準師範像』[東福寺/京都]

※展示期間未確認
国宝『禅院額字并牌字』[東福寺/京都]

京都国立博物館「親鸞 生涯と名宝」3/25~5/11

通期(冊替あり)
国宝『教行信証(坂東本)』親鸞筆[東本願寺/京都]

国宝『親鸞聖人像』[西本願寺/京都]
 3/25~4/2「安城御影副本」
 5/2~5/14「鏡御影」

※期間未確認
国宝『三十六人家集』[西本願寺/京都]
国宝『観無量寿経註(親鸞筆)』[西本願寺/京都]

徳川美術館「大蒔絵展」4/15~5/28[愛知]

通期
国宝『婚礼調度(初音の調度)

国宝『源氏物語絵巻
4/27~5/7「宿木一」、5/20~5/28「柏木一」

前期
国宝『籬菊螺鈿蒔絵硯箱』[鶴岡八幡宮/神奈川]
国宝『舟橋蒔絵硯箱』本阿弥光悦作[東京国立博物館]

※期間未確認
国宝『金地螺鈿毛抜形太刀』[春日大社/奈良]
国宝『宝相華蒔絵経箱』[延暦寺/滋賀]
国宝『宝相華蒔絵宝珠箱』[仁和寺/京都]
国宝『仏功徳蒔絵経箱』[藤田美術館/大阪]
国宝『蓮唐草蒔絵経箱』[奈良国立博物館]
国宝『阿須賀神社伝来 古神宝類』から「松椿蒔絵手箱」[京都国立博物館]

東北歴史博物館「悠久の絆 奈良・東北のみほとけ展」4/15~6/11[宮城]

4/15~5/21
国宝『鑑真和上坐像』[唐招提寺/奈良]

5/9~6/11
国宝『薬師如来像』[勝常寺/福島]

5/23~6/11
国宝『天寿国繡帳』[中宮寺/奈良]

5/30~6/11
国宝『興正菩薩叡尊坐像』[西大寺/奈良]

三井記念美術館「どうする家康」4/15~6/11[東京]

国宝『短刀 無銘 正宗(名物 日向正宗)
国宝『短刀 無銘 貞宗(名物 徳善院貞宗)

奈良国立博物館「聖地 南山城」7/8~9/3

国宝『阿弥陀如来坐像(九体阿弥陀)』[浄瑠璃寺/京都]

九州国立博物館「大阪市立東洋陶磁美術館名品選展」7/11~9/3[福岡]

国宝『油滴天目茶碗』[大阪市立東洋陶磁美術館]
国宝『飛青磁花生』[大阪市立東洋陶磁美術館]

京都国立博物館「東福寺」10/7~12/3

通期
国宝『宋版太平御覧』[東福寺/京都]

10/7~11/5
国宝『無準師範像』[東福寺/京都]

※展示期間未確認
国宝『禅院額字并牌字』[東福寺/京都]

東京国立博物館「やまと絵」10/11~12/3

※確認中

毎月決まった日に公開

1日 吉備津神社『本殿』早朝昇殿参拝
8日 清涼寺『釈迦如来立像』[京都]
8日 浄瑠璃寺『三重塔』初層公開[奈良](通常は外観のみ、雨天中止)
16日 西本願寺『対面所・白書院』『飛雲閣Shinran’s Day法要参加者のみ
18日 葛井寺『千手観音坐像』[大阪]
18・25日 道明寺『十一面観音立像』[大阪]
29日 醍醐寺『五重塔』開扉[京都](¥1,000で写経奉納すると四方の扉から中を拝観できる)

季節や期間を決めて公開

春・秋に公開・御開帳

神護寺『五大虚空蔵菩薩像』[京都]
興福寺 北円堂『弥勒如来坐像』『無著・世親菩薩立像』『四天王立像』[奈良]
銀閣寺『東求堂』特別公開(別途¥1,000)[京都]
清凉寺 霊宝館『阿弥陀如来・両脇侍坐像』[京都]
醍醐寺 霊宝館『薬師如来・両脇侍像』ほか[京都]
仁和寺 霊宝館『阿弥陀如来・両脇侍像』ほか[京都]
教王護国寺(東寺)『五重塔』初層、宝物館、『観智院』など年により
松尾寺 宝物殿『普賢延命像』[京都]
金剛寺『大日如来坐像・不動・降三世明王坐像』『日月山水図屏風』[大阪]
法隆寺 秘宝展[奈良]
法隆寺 夢殿『観音菩薩立像(救世観音)』[奈良]
法華寺『十一面観音菩薩像』[奈良]
米沢市 上杉博物館『上杉本洛中洛外図屏風』[山形]
西大寺 聚宝館『金銅宝塔』[奈良]
西明寺『三重塔』内部壁画公開[滋賀]
西明寺『本堂』後陣仏像群公開[滋賀]
今治市玉川近代美術館『伊予国経塚出土品』[愛媛]

春に公開

道明寺天満宮『菅公遺品6点』(梅まつり期間の週末、他三が日や縁日も)[大阪]
彦根城博物館『彦根屏風』[滋賀]

秋に公開

海住山寺『五重塔』開扉[京都]
東福寺塔頭『龍吟庵』(他3月に3日間公開)[京都]
法華寺『阿弥陀三尊・童子像』[奈良]
毛利博物館 国宝展『菊造腰刀』『古今和歌集』『史記』『四季山水図』[山口]
平城宮跡資料館「地下の正倉院展」で『平城宮跡出土木簡』が公開されることがある[奈良]

その他の公開期間

12・1月、6・7月
日枝神社『太刀 銘則宗』[東京]

1月・8月(公開期間が変更される場合あり)
照国神社『太刀 銘 国宗』[鹿児島県歴史資料センター黎明館寄託]

年に1日~数日、数回のみの公開

1月

1日
東大寺『大仏殿』観相窓開扉[奈良]

1~3日
円覚寺『舎利殿』[神奈川]
獅子窟寺『薬師如来坐像』[大阪府]
 ※通常は要予約での拝観
東大寺『二月堂』[奈良]
 ※常時拝観可能だが3が日は堂内に万灯明を灯す。
薬師寺『吉祥天像』[奈良]
霊山寺『本堂』内厨子開扉(仏像は重文)[奈良]
道明寺天満宮『菅公遺品6点』(梅まつり期間の週末、縁日も)[大阪]
道明寺『十一面観音立像』(毎月18・25日も)[大阪]
慈眼院『多宝塔』開扉[大阪]
不動院『金堂』開扉内部参拝[広島]

8日 
新薬師寺『本堂』薬師悔過 [奈良]
鶴林寺『本堂』修正会[兵庫]

18日
護国之寺『金銅獅子唐草文鉢』[岐阜]

下旬
高松塚古墳『壁画』[奈良]
キトラ古墳『壁画』[奈良]

2月

3日 慈眼院『多宝塔』開扉[大阪]

3月

14~16日
東福寺『三門』『龍吟庵』(龍吟庵は秋にも公開)[京都]

15日
永保寺『観音堂』『開山堂』内部公開[岐阜]

21日
法隆寺 聖霊院『木造聖徳太子、山背王、殖栗王、卒末呂王、恵慈法師坐像』お逮夜で拝観[奈良]
22~24日
法隆寺聖霊院 ※上記像は開扉はされるが供物等で見えづらい[奈良]

28日
大宝寺『本堂』開扉で秘仏と内部が公開される[愛媛]

4月

8日
新薬師寺『本堂』おたいまつ(修二会)[奈良]

17・18日
観心寺『如意輪観音坐像』[大阪]

5月

1~5日
神護寺 虫払特別公開[京都]

2日
東大寺聖武天皇祭『本坊経庫』[奈良]※法要は隣の建物で開催

5日前後
金剛寺『日月山水図屏風』[大阪]

13~15日
神護寺『五大虚空蔵菩薩坐像』[京都]

中旬
高松塚古墳『壁画』[奈良]
キトラ古墳『壁画』[奈良]

6月

5~7日
唐招提寺 御影堂『鑑真和上坐像』[奈良]

5~10日
法華寺『十一面観音像』[奈良]

13・14日
善通寺『金銅錫杖頭』[香川]

第2日曜日
正福寺『地蔵堂』内部[東京]

7月

5日
東大寺『重源上人坐像』[奈良]

7日
興福寺『三重塔』開扉[奈良]

24日
法隆寺『東院伝法堂』地蔵会で開扉[奈良]

下旬
高松塚古墳『壁画』[奈良]
キトラ古墳『壁画』[奈良]

8月

8日
正福寺『地蔵堂』内部[東京]

16日
聖衆来迎寺『六道絵』[滋賀]

17日
水神社『線刻千手観音等鏡像』[秋田]1時間のみ

18日
護国之寺『金銅獅子唐草文鉢』[岐阜]

9月

下旬
高松塚古墳『壁画』[奈良]
キトラ古墳『壁画』[奈良]

10月

5日
東大寺『僧形八幡神坐像』[奈良]

17日
興福寺 南円堂『不空羂索観音像』『四天王像』[奈良]

21~23日
唐招提寺『舎利容器』金亀舎利塔[奈良]

29日
園城寺(三井寺)御廟『智証大師坐像』[滋賀]

第2土日祝
神護寺『五大虚空蔵菩薩坐像』[京都]

第2日曜
大徳寺 曝涼展[京都]
唐門』『方丈・玄関』『大燈国師像』『観音図・猿図・鶴図(牧谿筆)』『後醍醐天皇宸翰御置文』『虚堂智愚墨蹟(達磨忌拈香語)』

第2日曜
高桐院(大徳寺塔頭)曝涼展[京都]『山水図』

11月

1~3日
法隆寺 上御堂『釈迦三尊像』[奈良]

3日
善通寺『一字一仏法華経序品』[香川]
正福寺『地蔵堂』内部[東京東村山]

13日(隔年)
薬師寺「慈恩会」『慈恩大師像

15日
小村神社『金銅荘環頭大刀拵・大刀身』[高知]

上旬の3日間ほど
円覚寺『舎利殿』[神奈川]
建長寺「宝物風入」で『蘭渓道隆像』『大覚禅師墨蹟(法語規則)』公開[神奈川]

全日
毛利博物館 国宝展[山口](11月と前後数日)

12月

16日
東大寺 俊乗堂『重源上人坐像』[奈良]
東大寺 開山堂『良弁僧正坐像』[奈良]
東大寺 法華堂『執金剛神立像』[奈良]

タイトルとURLをコピーしました