国宝-絵画|仏涅槃図[金剛峯寺/和歌山]

国宝データ-絵画

涅槃図とは

釈迦の入滅(亡くなること)を描いたもので、釈迦の命日に営まれる「涅槃会」の本尊として掛けられる。 涅槃図は一般的に、釈迦が右脇を下にして横たわり、周囲に嘆き悲しむ弟子・菩薩・衆生のほか、動物や虫までが集まり悲しんでる。 天から、摩耶夫人(釈迦の生母)が降り立つ様子が描かれる。

涅槃図は、平安後期~鎌倉時代にかけては、人物や動物がそれほど多くなく、悲しみの表現も比較的穏やかに表現される。 鎌倉後期頃からは画面が縦に長くなり、嘆き悲しむ様子がおおげさに表現される。 人物は菩薩や天部などの仏、弟子や在家信者まで様々な衆生が描かれ、生き物は獅子や麒麟のような空想上のもの、象や孔雀など仏教によく描かれるもの、昆虫や蛇や水の生き物まで描かれるものもある。

参考:鎌倉時代後期の涅槃図[東京国立博物館]

国宝『仏涅槃図』

金剛峯寺に伝わる涅槃図は、応徳3年(1086年)の銘があり、現存する日本最古の作例である。 平安時代らしく、釈迦が比較的大きく描かれ、それを取り巻く菩薩や弟子たちがそれぞれに悲しんでいる。 手前の向かって右下には、のたうって悲しむ獅子が描かれている。 平安時代の仏画らしく、白・黒・赤・青・黄などの華やかな彩色が施されている。 描かれる人物の表情は、悲しむ様子を表現しながらも、穏やかで上品に描かれている。

この国宝を観るには

所蔵する金剛峯寺(高野山)にある「高野山霊宝館」で公開される場合があるが、機会はそれほど多くなく期間も短い。

公開履歴

2021/10/5~11/28 高野山 霊宝館「密教の美術」
2020/8/25~9/27 高野山 霊宝館「如来―NYORAI―」
2020/4/25~5/10 高野山霊宝館「ほとけさまと動物たち」※新型コロナで休館

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-27
【指定番号】00024-00
【種別】絵画
【指定名称】絹本著色仏涅槃図
【ふりがな】けんぽんちゃくしょくぶつねはんず
【員数】1幅
【時代・年】応徳3年(1086年)
【ト書】「応徳三年丙寅四月七日甲午奉写己畢」の銘がある
【所有者】金剛峯寺
【国宝指定日】1951.06.09

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋
タイトルとURLをコピーしました