梵天・帝釈天像[教王護国寺(東寺)/京都]

梵天・帝釈天像[教王護国寺(東寺)/京都]

梵天・帝釈天のこと

梵天と帝釈天は、古代インドの神が仏教にとりいれられたもので、守護神として一対で脇侍や仏像群の守護として配置された。 帝釈天は、映画「男はつらいよ」で有名な「柴又帝釈天」のように、単尊でまつられる場合もある。 梵天が単尊で信仰される例は日本に限らず少ない。 日本では、密教が入る前は中国の文官風の服装をした作例が多い。(東大寺法華堂や唐招提寺金堂など) 密教の形式だとインド色が強く、梵天は多面多臂でガチョウに乗り、帝釈天は象に乗ったり武器を持つ姿などが多い。

国宝『梵天坐像・帝釈天半跏像』

東寺講堂の「立体曼陀羅」で、21体ある像の中で最も外側の左右に、向かって右に「梵天」を、左に「帝釈天」を配置する。

梵天は四面四臂で、正面顔の左右に1つずつ顔を持ち、正面顔の高く結った髷の上に小型の顔が1つ乗っている。 如来のように片肩を出して布を巻き付けた姿で、数は多くないが腕輪や神飾りなどの装飾を付けている。 4羽のガチョウが支える蓮華座の上に、「半跏趺坐」という足を絡ませない「あぐら」の状態で座っている。

帝釈天は、一面一臂で人間と同じような姿だが、額にもう1つ目がある「三目」になっている。 元は戦いの神なので武人の姿をしており、手には金剛杵という武器(のちに仏教の儀式で使う法具に取り入れられる)を持っている。 象の背中に、片足は上げてもう片足は下ろす「半跏踏下坐」で乗っている。 像が作られたのは平安初期だが、顔は鎌倉時代に後補されたもので、他の同時代の像とは雰囲気が異なっている。 仏像界きっての「イケメン仏」と呼ばれることも多い。

東寺講堂「帝釈天」
東寺講堂「帝釈天」
東寺講堂「帝釈天」

この国宝を観るには

東寺『講堂』に安置されているので、拝観時間内ならいつでも観ることができる。 まれに寺外での展示会などに出品される場合などある。

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-247
【指定番号】00084-00
【種別】彫刻
【指定名称】木造〈梵天 坐像/帝釈天半跏像〉(講堂安置)
【ふりがな】もくぞうぼんてんざぞうたいしゃくてんはんかぞう
【員数】2躯
【国】日本
【時代・年】平安時代
【所在地】教王護国寺(東寺)
【国宝指定日】1954.03.20

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

彫刻(仏像・僧像)カテゴリの最新記事