情報|鎌倉国宝館「名宝巡礼-古都鎌倉の祈りのかたち-」2019/10/12~12/1[神奈川]

情報|鎌倉国宝館「名宝巡礼-古都鎌倉の祈りのかたち-」2019/10/12~12/1[神奈川]

鎌倉国宝館

鶴岡八幡宮の境内に建てられた鎌倉市立の博物館で、鎌倉市の寺社に伝わる多くの美術品や考古資料が寄託されています。 年に9回ほど、寄託品を中心とした企画展が開催され、常設展示の「鎌倉の仏像」とあわせて楽しむことができます。

名宝巡礼-古都鎌倉の祈りのかたち-

今年は、鎌倉市制施行から80周年だそうです。 その節目を記念して、鎌倉の社寺に伝来した宝物を一堂に集めた企画展です。 4件もの国宝が公開されるのは珍しいことなので、行ったことない方はぜひこの機会にどうぞ。

鎌倉国宝館「名宝巡礼-古都鎌倉の祈りのかたち-」2019/10/12~12/1

この展覧会で観られる国宝

当麻曼荼羅縁起[光明寺]

奈良県にある当麻寺(當麻寺)の本尊「当麻曼荼羅」の縁起を書いた2巻の絵巻物です。 材木座にある「光明寺」に伝わったもので、延宝3年(1675年)に内藤義概が寄進したものだそうです。 紙の長い辺を継いだ、縦51.5cmの大型の絵巻物です。

大覚禅師墨蹟[建長寺]

※11/1~4は建長寺風入れで展示無し

「墨蹟」は、禅僧の書いた書のことで、この国宝は南宋から来日し建長寺の開山になった「大覚禅師 蘭渓道隆」によるものです。 「法語」「規則」が2巻きとも展示されます。

籬菊螺鈿蒔絵硯箱[鶴岡八幡宮]

名前の通り、籬と菊が螺鈿や蒔絵で表現された美しい硯箱です。 源頼朝が後白河法皇から下賜され、鶴岡八幡宮に奉納したと伝わっています。

称名寺聖教/金沢文庫文書 から2点[金沢文庫]

2万点を超える文書類が一括で国宝に指定されています。 今回は「北斗表白」と「廻向蕪詞」の2点が出展されるようです。

展覧会 概要

期間:2019/10/12~12/1
休日:月曜日(祝日は開館し、翌火曜が休館)
時間:9:00~16:30(入館は30分前まで)
料金:一般¥600、小中生¥200

情報 博物館・美術館カテゴリの最新記事