情報|姫路城 小天守群公開(2/1~2/28)

情報|姫路城 小天守群公開(2/1~2/28)

姫路城 小天守群公開

国宝『姫路城』は、現行の文化財保護法による第一回目の指定(1951年6月9日)で国宝になっています。 平成の大修理を経て真っ白な姿をよみがえらせていますが、国宝の内で一般公開されているのは一部です。

大天守と3つの小天守は四角のような配置で、それを4つの渡櫓(天守を結ぶ通路)で結んであり「ロの字型」になっています。 今回の特別公開では、通常公開されていない3つの小天守の内2つと、4つの渡櫓の内の3つが公開されます。

姫路城「冬の特別公開」小天守群 チラシ

姫路城の国宝

☆=通常公開
★=今回の特別公開

☆大天守(通常公開)6階・地下1階
★乾小天守 4階・地下1階
★東小天守 3階・地下1階
 西小天守 3階・地下2階
 各天守の渡櫓 ★イ・★ロ・★ハ・ニ 4棟

冬の特別公開

期間:2019年2月1日~2月28日
料金:特別公開エリア¥300(姫路城入場は別途¥1,000)
時間:9:00~16:30(閉門16:00、閉城17:00)

情報 寺社・ご開帳・地域カテゴリの最新記事