スポンサーリンク

国宝-建築|金蓮寺 弥陀堂[愛知]

国宝DB-建築

国宝『金蓮寺 弥陀堂』

源頼朝が、三河国の守護であった安達盛長に命じて建立させた「三河七御堂」の一つで、愛知県最古の木造建築。 三河七御堂のうち、当時の堂宇が現存するのは、この弥陀堂のみ。 この寺が建つのは「吉良町」で、忠臣蔵で有名な吉良氏の領地であり、その庇護を受けた時代もある。

桁行3間(正面から見た柱の間が3つ)、梁間3間(奥行きの柱の間が3つ)で、屋根は檜皮葺で寄棟造り。 庇が広く、正面は蔀戸になっており、住宅建築の特徴もみられる。 中には、来迎壁の付いた須弥壇が置かれ、鎌倉時代の阿弥陀三尊像(愛知県指定文化財)がまつられている。

国宝『金蓮寺 弥陀堂』
国宝『金蓮寺 弥陀堂』内部

この国宝を観るには

外観はいつでも観られるが、内部は特別公開の場合などに限られる。 人数がまとまれば、観光ボランティアガイドへの申し込みで観られる場合がある。

文化財指定データ

【台帳・管理ID】102-1277
【指定番号】00181
【種別】近世以前/寺院
【指定名称】金蓮寺弥陀堂
【ふりがな】こんれんじみだどう
【員数】1棟
【時代・年】鎌倉後期(1275~1332年)
【構造・形式】桁行三間、梁間三間、一重、寄棟造、正面一間通り庇、左側面後部二間庇、すがる破風造、檜皮葺
【所在地】愛知県西尾市吉良町饗庭七度ケ入1
【国宝指定日】1955.06.22
【説明】鎌倉時代初期建立。阿弥陀堂建築の一例で、住宅風である。

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋
タイトルとURLをコピーしました