薬師如来坐像[獅子窟寺/大阪]

薬師如来坐像[獅子窟寺/大阪]

獅子窟寺のこと

獅子窟寺は、大阪と奈良の県境に位置する交野市にある真言宗の寺院で、役行者が開山し、聖武天皇の命を受けた行基が創建した。 空海が仏眼仏母の修法をしたという記録も残っている。 国宝の本尊『薬師如来坐像』も行基が一刀三礼で3年3ヶ月をかけて彫ったものだと伝わる。 

国宝『薬師如来坐像』

薬師如来座像は、獅子窟寺の本堂に安置される平安時代に作られた本尊で、通常は非公開だが事前予約で拝観できる場合がある。 正月三が日は予約なしでも拝観可能。

平安時代の典型的な一木作りの薬師如来像。 カヤでできており、背面だけでなく後頭部や像の下部からも内刳りをしている。 左右の手は後補によるもので、作られた当初は密教の印を結ぶ形だったと思われ、薬師以外の像だった可能性もある。

獅子窟寺の拝観情報

住所:大阪府交野市私市2387
拝観:国宝『薬師如来坐像』は予約が必要
特別拝観:正月三が日は予約不要で拝観
公共交通:京阪交野線 私市駅 徒歩40分程度
※獅子窟寺は山の中腹にあり徒歩はややハードなハイキングコース

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-280
【指定番号】00116-00
【指定】彫刻
【指定名称】木造薬師如来坐像(本堂安置)
【員数】1躯
【国・時代】日本・平安時代
【所有者】獅子窟寺
【国宝指定日】1968.04.12
【説明】獅子窟寺の本尊である。頭躰部はもとより、両肩から袖口および右臂まで、さらに膝前のなかばを含めカヤの一材から彫り出し、膝前半部に横材を矧ぎ、左手首、右臂先を矧ぐ構造になる。螺髪はすべて一粒ずつ乾漆で塑形したものを植え付けている。内刳は後頭部、躰部背面および像底から行ない、肉を厚く残す広丸ノミの痕は大ぶりで、その彫り口は構造と同様古式である。瞳・唇に彩色をほどこし、胸前に朱で卍字を描くほかは素地のままに残している。 やや面長の面相部をふっくらと豊かに象形するが、眼鼻立ちは著しく大ぶりで、ことに切れ長くうねるような両眼、深い条線で刻む眉など、その彫技は秀抜である。躰部はややなで肩に、両臂を張り、腹部をひきしめ、厚味のある両膝を広く組んで安坐し、均衡の整った体貌を示し、躰部を覆う衲衣の衣文も、流動的な弧線を描いてにぎやかに体躯をめぐり、その練達した刀技はことに注目される。いわゆる九世紀の一木彫成技法の完成を示す一典型と考えられるもので、その制作は九世紀末、十世紀初頭と認められる。本像は、現在左手先および右手臂より先が後補のものとかわっているが、像容から、元は胸前に智吉祥印を結ぶ古式の薬師如来像であったかと思われる。

出典:国指定文化財等データベース一部抜

国宝データ 彫刻カテゴリの最新記事