羯磨金剛目録[延暦寺/滋賀]

羯磨金剛目録[延暦寺/滋賀]

国宝『羯磨金剛目録』

天台宗の開祖でもある伝教大師最澄が、唐留学から日本に帰国する際に請来した仏具などを、延暦寺に納めた時の目録で、最澄の自筆で書かれている。 巻頭部分を焼失しており、現存するものが「羯磨金剛」で始まるので、この名前で呼ばれている。

紙を何枚か継いでおり、全面に延暦寺の旧名である「比叡寺」の印が押されている。 巻頭の「羯磨金剛」の他に「如意」や「念誦」などが載っており、一点ごとに「弘仁二年七月十七日 最澄永納」と書かれている。

現行の文化財保護法による第一回の指定で国宝に指定されている。

延暦寺の他の国宝

【建造物・彫刻・工芸品】
根本中堂
宝相華蒔絵経箱
七条刺納袈裟・刺納衣
金銅経箱(叡山横川如法堂埋納)

【書籍・典籍・古文書】
六祖恵能伝
伝教大師将来目録
天台法華宗年分縁起(伝教大師 筆)
伝教大師入唐牒
嵯峨天皇宸翰光定戒牒

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-797
【指定番号】00023-00
【種別】古文書
【指定名称】羯磨金剛目録〈伝教大師筆/弘仁二年七月十七日〉
【ふりがな】かつまこんごうもくろく
【員数】1巻
【国】日本
【時代・年】弘仁2年(811年)
【作者】伝教大師
【国宝指定日】1951.6.9

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

鑑賞ログ 2019年5月

東京国立博物館 国宝室
指定名の「羯磨金剛~」は、完全には残っていない目録の最初が「羯磨金剛~」で始まるから、と調べてから行ったけど、残っているのは本当に少しだけ。 1つ1つに日付や「最澄永納」と書いてある。

国宝データ 書・文書カテゴリの最新記事