宮地嶽古墳出土品[宮地嶽神社/九州国立博物館]

宮地嶽古墳出土品[宮地嶽神社/九州国立博物館]

宮地嶽古墳のこと

福岡市の中心地から、北北西に25kmほどの場所に位置する円墳で、古墳時代の終わり頃6~7世紀に作られたと考えられる。 直径30mの円墳に、長さ23mの横穴式石室を持ち、石舞台古墳の20mを超える大きさは日本で2番目の大きさ。 被葬者は諸説あり、特定されていない。

現在は、宮地嶽神社の奥之宮八社の三番社「不動神社」として、石室で不動明王がまつられている。

国宝『宮地嶽古墳出土品』

江戸時代の末に古墳が発見され、その時に馬具や装身具など300点を超える副葬品も発見され、その一部が国宝に指定されている。 出土品のうち『骨蔵器』は単独で国宝に指定され、東京国立博物館に収蔵されている。

ガラス板など、近畿エリアでは発見されていない遺物もあり、この地の豪族が独自に大陸との交流を持っていたことをうかがわせる。 その副葬品の多様さと希少さで「地下の正倉院」と呼ばれる。

国宝指定の内容

金銅鞍金具残欠 1背
金銅壺鐙 1双
金銅鏡板付轡 1箇分
金銅杏葉残欠 2枚分
銅鎖 1連
金銅装頭椎大刀(大形)残欠 1口分
金銅装頭椎大刀残欠 1口分
金銅透彫冠残欠 一括
金環 1箇
緑瑠璃丸玉 1連
緑瑠璃丸玉 一括
蓋付銅鋺 1口
銅盤残欠 1枚分
土師器〓 1口
長方形緑瑠璃板残欠 3枚分
緑瑠璃板断片 一括

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-841
【指定番号】00004-00
【種別】考古資料
【指定名称】宮地嶽古墳出土品
【ふりがな】みやじだけこふんしゅつどひん
【員数】一括
【附指定】各種金具等残片一括
【所在地】九州国立博物館
【所有者】宮地嶽神社
【国宝指定日】1952.03.29

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

国宝データ 考古・歴史資料カテゴリの最新記事