慈照寺(銀閣寺) 東求堂[京都]

慈照寺(銀閣寺) 東求堂[京都]

銀閣寺のこと

「銀閣寺」として有名な慈照寺は、距離は離れているが臨済宗の京都五山の第二位「相国寺」の塔頭である。 室町8代将軍の義政が隠居後に建てた山荘で、風流な東山文化の中心地だったが、義政の没後に寺に改められた。 造営当初は広大な敷地にいくつもの建物が建ち並んだが、現在まで残るのは東求堂と銀閣のみで共に国宝に指定されている。

銀閣寺(慈照寺) 国宝『東求堂』

国宝『東求堂』

東求堂(とうぐどう)は、一辺が7メートル弱の正方形で、中を4つに仕切り、庭に面した2間は仏間とその付属のような部屋になっている。 奥に「同仁斎(どうじんさい)」という書斎があり、草庵茶室の原点とも四畳半の始まりとも言われている。

銀閣寺(慈照寺) 国宝『東求堂』 右角が「同仁斎」

同仁斎は四畳半の畳敷きで、一面の壁の左1/3ほどを違い棚、2/3ほどは「付書院」という机にも棚にもなる高さのあるスペースが作られている。 付書院の上部は障子で、開ける幅により庭の景色が掛け軸のように見える。 その後の書院造りではこの場所は「床の間」として書画を掛けるようになる。

国宝『東求堂』 庭に面した仏間

この国宝を観るには

外観は銀閣寺の拝観で常時可能です。 内部見学は、春と秋の特別公開時に拝観可能。 有料で各回人数を限定して案内付きの見学となる。

特別拝観情報
対象:本堂、東求堂、弄清亭
時期:春秋に各2ヶ月弱程度
時間:約1時間ごとに設定され、最終回は15:30
料金:¥1,000(別途、銀閣寺拝観料)小冊子付き
受付:当日本堂前の受付で氏名を記入する。各回20名

文化財指定データ

【台帳・管理ID】102-1645
【指定番号】00006
【種別】近世以前/住宅
【指定名称】慈照寺東求堂
【ふりがな】じしょうじとうぐどう
【員数】1棟
【時代・年】文明17年(1485年)
【寸法・重量】桁行6.9m、梁間6.9m
【構造・形式】一重、入母屋造、檜皮葺
【所在地】京都府京都市左京区銀閣寺町
【所有者】慈照寺
【重文指定日】1903.04.15
【国宝指定日】1951.06.09

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

鑑賞ログ 2018.11.19

秋の特別拝観で見学。 拝観料の他に1人¥1,000かかりますが、けっこうしっかりしたパンフレットを付けてくれて、少人数で案内して頂けるのでまぁ納得とします。

銀閣寺 国宝『東求堂』拝観時のパンフレット

最初は本堂で、一面与謝蕪村の間と池大雅の間ですが、これは高精細のレプリカです。 日当たり良さそうだからしょうがないですね。 それでも実際にそれがあった場所で畳に座って観られるのは貴重な体験です。 蕪村の飲中八仙は酔っぱらって弟子に支えられて歩く仙人がとてもチャーミング。 大雅の琴棋書画も柔らかい愛嬌のある姿です。

渡り廊下を渡ると東求堂ですが、ここはとにかく「同仁斎」ですね。 パンフレットの写真には違い棚も付書院も何も置かれていませんが、私が見学した時は銀閣寺に伝わる御物がたくさん並べられていました。 付書院は文具類で、凝った水差しや文鎮など「書斎」の雰囲気が出ています。 ここでお気に入りの道具に囲まれて過ごしたらどんなに素敵でしょうか。

建造物(城・住宅・他)カテゴリの最新記事