法隆寺 東院伝法堂[奈良]

法隆寺 東院伝法堂[奈良]

法隆寺「東院」のこと

法隆寺の東院エリアは、聖徳太子の営んだ宮殿「斑鳩宮」の跡地にあたる。 聖徳太子が推古30年(622年)に49歳で亡くなり、子孫が蘇我氏によって滅びると宮一帯は荒廃するが、それを嘆いた行信僧都が聖徳太子の菩提を弔うために夢殿を建立した。 フィクションでは聖徳太子が夢殿に籠るような表現もあるが、没後100年以上後に建てられたものである。

国宝『東院伝法堂』

伝法堂は、法隆寺東院の夢殿を囲む廻廊の北側に隣接しており、本来の入口である南門から見ると夢殿の奥に位置し、東院の講堂にあたる。 記録によると「橘夫人」の住宅を仏堂に改めたもので、橘夫人は光明皇后の母の橘三千代という伝承があったが、聖武天皇の夫人の1人「橘古那可智」とする説が強い。

平入りの切妻屋根で、正面7間(柱の間が7つ)奥行4間で、この時代の建造物には珍しく床が板張りになっている。 屋根は本瓦葺きだが、元は檜皮葺きだったのを、仏堂に改装した時に瓦葺きに変更されたもの。 天井は板を張らずに垂木を見せる化粧屋根裏。 内部には、子安地蔵など多くの仏像を安置しているが、一般には公開されていない。

法隆寺 国宝『東院伝法堂』
法隆寺 国宝『東院伝法堂』
法隆寺 国宝『東院伝法堂』

この国宝を観るには

伝法堂の内部は公開されておらず、有料エリア外なので外観は無料で観ることができる。 7/24の夕方には「東院地蔵会」が行われ、中には入れないが、開扉された内部を拝観することができる。

文化財指定データ

【台帳・管理ID】102-2697
【指定番号】00029
【種別】近世以前/寺院
【指定名称】法隆寺東院伝法堂
【ふりがな】ほうりゅうじとういんでんぽうどう
【員数】1棟
【時代・年】奈良時代
【構造・形式】桁行七間、梁間四間、一重、切妻造、本瓦葺
【附指定】棟札1枚
【所在地】奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内
【国宝指定日】1951.06.09

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

国宝データ 建造物カテゴリの最新記事