五部心観[園城寺(三井寺)/滋賀]

五部心観[園城寺(三井寺)/滋賀]

国宝『五部心観』

延暦寺の第5世座主で、園城寺(三井寺)を本山とする天台宗寺門派の開祖「智証大師円珍(えんちん)」が、唐に留学した際に師から譲り受けた画像集。 唐で描かれた1巻と、日本にもたらされてから書写した1巻が伝わる。

唐で描かれた巻の末尾には、長安の都において、師である青竜寺の法全阿闍梨から譲られたと書かれている。 このような諸尊像は、入唐僧らによって日本に多くもたらされたが、その原本が残っているのは非常に珍しい。

金剛界曼荼羅の5部(仏部・金剛部・宝部・蓮華部・羯磨部)の諸尊像を、彩色をしない墨線の「白描画」で描いたもの。 尊像の下には、その像の真言が梵字で書かれ、その下には像を象徴する持物などの「三昧耶形」と印を結ぶ手先が書かれている。 巻末には、真言八祖の第5で、大日経などを漢訳した「善無畏(ぜんむい)」の肖像が描かれる。

国宝『五部心観』三井寺特別公開チラシより
国宝『五部心観』三井寺特別公開チラシより

この国宝を観るには

公開されることが少なく、過去に展覧会に数回出展されたことと、2019年には寺内の文化財収蔵庫で公開された。

公開履歴

2019/10/1~12/8 三井寺文化財収蔵庫「特別展示」

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-77
【指定番号】00073-01
【指定名称】紙本墨画五部心観(完本)
【員数】1巻
【国】中国
【時代・年】唐時代
【ト書】円珍の大中九年の奥書がある

【台帳・管理ID】201-76
【指定番号】00073-02
【指定名称】紙本墨画五部心観(完本)
【員数】1巻
【国】日本
【時代・年】平安時代

【種別】絵画
【所有者】園城寺
【国宝指定日】1953.03.31

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

国宝データ 絵画カテゴリの最新記事