国宝-絵画|風雨山水図(伝馬遠筆)[静嘉堂文庫/東京]

国宝データ-絵画

国宝『風雨山水図』伝馬遠筆

作者だと伝わる「馬遠(ばえん)」は、中国南宋時代(鎌倉時代頃)の画家で、山水や人物を得意とし、花鳥なども手掛けた。 画家の家に生まれ、馬遠の子の代まで5代にわたり宮廷画家として活躍する。 日本の水墨画に大きな影響を与えた。

水墨画のところどころに淡い彩色をする「墨画淡彩」で描かれた山水図で、植物に色味を変えた緑色を配している。 墨の濃淡を上手く使い、吹き付ける雨や、風に揺れる波などが緻密に描かれている。 実際には、馬遠よりもう少し後の時代に描かれたとする説もある。

この国宝を観るには

所蔵館の静嘉堂文庫美術館は、年に4回程度の展覧会を企画し、その中で公開される場合があるが、機会は多くない。

公開履歴

2021/4/10~5/9 4/24 静嘉堂文庫美術館「旅立ちの美術」※コロナで期間短縮

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-130
【指定番号】00124-0
【種別】絵画
【指定名称】絹本墨画淡彩風雨山水図〈伝馬遠筆/〉
【ふりがな】けんぽんぼくがたんさいふううさんすいず
【員数】1幅
【国】中国
【時代・年】南宋時代
【作者】伝馬遠
【所有者】静嘉堂文庫
【国宝指定日】1956.06.28

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋
タイトルとURLをコピーしました