智証大師坐像(中尊大師)[園城寺(三井寺)/滋賀]

智証大師坐像(中尊大師)[園城寺(三井寺)/滋賀]

智証大師円珍のこと

円珍は讃岐国(現在の香川県)に生まれ、空海の甥とする説や、空海の姪の息子とする説がある。 比叡山で修行し僧侶になると、比叡山のほか熊野や葛城など修験道の霊場も巡礼する。 仁寿3年(853年)に入唐すると、6年に渡り中国各地を歴訪し、多くの経典類を携えて帰朝する。 帰国後は、清和天皇に潅頂を授けたり、皇太后の加持僧になるなど重く遇され、貞観10年(868年)には延暦寺の座主となる。 寛平3年(891年)に78歳で入寂し、延長5年(927年)には醍醐天皇から「智証大師」の諡号が贈られる。 この時の勅書は、三跡の1人「小野道風」が書いており『智証大師諡号勅書』として国宝に指定されている。

国宝『智証大師坐像(中尊大師)』

天台宗寺門派の宗祖とされる「智証大師円珍」が寛平3年(891年)に亡くなると、弟子たちは坐像を作り荼毘に付した円珍の御骨を納める。 これが国宝『御骨大師』で秘仏とされ、まれにある機会に結縁潅頂を受けた者のみが参拝できる。 中尊大師は、御骨大師像が恐れ多いということで作られたという説もあり、毎年10/29の法要にご開帳されている。

国宝『智証大師坐像(中尊大師)』公開チラシより

園城寺(三井寺)の中でも特に重要とされ、塀でかこまれている「唐院」の最奥に位置する「大師堂」にまつられている。 太子堂には3躯がまつられ、中央に智証大師像、向かって左に上述の御骨大師、右には智証太子が感得したという黄不動を彫像化した重要文化財「黄不動尊立像 」が安置されており、この位置から「中尊大師」と呼ばれている。

ヒノキを何材か剥いで作られた85cmほどの坐像で、表面は彩色がされている。 他の智証大師の画像類とも共通する、頭部が卵型にとがるなどの特徴を表している。 瞑想する姿をしており、眼は斜め下を薄目で見下ろすような「半眼」になっている。

この国宝を観るには

毎年10/29に「智証大師御祥忌法要」があり、法要後は一般も拝観できる。 法要の際には、円珍が食していたとされる供物が数多く供えられる。

国宝『智証大師坐像(中尊大師)』が安置される園城寺(三井寺)唐院

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-207
【指定番号】00046-00
【種別】彫刻
【指定名称】木造智証大師坐像(御廟安置)
【ふりがな】もくぞうちしょうだいしざぞう
【員数】1躯
【時代・年】平安時代
【所有者】園城寺
【国宝指定日】1952.11.22

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

鑑賞ログ 2019年11月

年に一度しかご開帳されない『中尊大師』ですが、今年は特別公開で10/29から1週間だけご開帳が延長されます。

園城寺(三井寺)国宝『智証大師坐像』ご開帳

まず普段は入ることができない「唐院」に入れるのも貴重です。 四脚門・潅頂堂・唐門・太子堂が一直線に立ち並び、一番奥の太子堂で中尊大師のご開帳が行われます。

園城寺(三井寺)唐院の入り口

須弥壇の中なので数メートルの距離ですが、僧侶の方の案内もあり、静かに拝観できます。 法要当日は、山のような供物が置かれるそうですが、傷むものは下げられて果物と乾物だけ置かれていました。 半眼ですが、穏やかな印象の像でした。 

国宝データ 彫刻カテゴリの最新記事