搨王義之書(孔侍中帖)[前田育徳会/東京]

搨王義之書(孔侍中帖)[前田育徳会/東京]

王羲之とは

王羲之(303~361または307~365)は、中国・東晋時代の書家で、名門の家に生まれ政治家としても昇進するが、中央での出世を好まず地方長官になり、晩年は隠遁生活を送った。 楷書・行書・草書を芸術的に完成させ、それ以降の書に大きな影響を与え、書聖といわれる。

唐の太宗皇帝は王羲之の書を好み、蒐集するだけでなく、薄紙を置き細い線で縁取りし中を塗る「双鉤塡墨」での搨模や、石碑の拓本、手本を真似て書く臨書を作らせた。 太宗は、王羲之の最高傑作とされる「蘭亭序」を自身の陵墓に副葬させ、それ以降も戦乱などで王羲之の真筆は全て失われたとされる。

国宝『搨王義之書』孔侍中帖

唐時代に搨模された書で、王義之の真筆から写されたとされ、草書で書かれた書状の、哀禍帖・孔侍中帖・憂懸帖の3帖が1帖にされている。 使用される白麻紙などは、現在は宮内庁所蔵の「喪乱帖」と共通する。

孔侍中帖と喪乱帖には、桓武天皇の印「延歴勅定」が押されており、奈良時代には日本にもたらされていた。 正倉院に伝わる東大寺献物帳に、王義之書法の書が20巻記録されており、その内の1巻だと考えられる。

この国宝を観るには

前田育徳会の収蔵品は、石川県立美術館などで公開されるが、本品はそちらでは公開されず、国立博物館での展覧会などでごくまれに公開される。

公開履歴

2013/2/19~3/3 東京国立博物館「書聖 王羲之」
2006/2/7~2/19 東京国立博物館「書の至宝-日本と中国-」

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-568
【指定番号】00015-00
【種別】書跡・典籍
【指定名称】搨王義之書(孔侍中帖)
【ふりがな】とうおうぎししょ
【員数】1帖
【国】中国
【時代・年】唐時代
【所有者】前田育徳会
【国宝指定日】1951.06.09

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

国宝データ 書・文書カテゴリの最新記事