世説新書巻第六残巻(規箴)[文化庁]

世説新書巻第六残巻(規箴)[文化庁]

世説新書とは

「世説新書」は「世説新語」とも呼ばれ、中国の王族「劉義慶」によって5世紀前半頃に編纂されたもの。 3~4世紀頃の中国の様々な人物のエピソードがまとめられており、竹林の七賢や曹操なども登場する。

国宝『世説新書巻第六残巻(規箴)』

国宝に指定されている「世説新書巻第六残巻」は唐時代に書写されたもので、4つに分割され各家に伝わったが、現在は文化庁(国)、東京国立博物館、京都国立博物館、個人蔵となっている。

世説新書は36編に分かれており、それぞれジャンルごとにまとめられている。 文化庁が所有するのは「規箴」で、規箴には戒めやいさめるなどの意味があり、人を見る目に関するエピソードがまとめられている。「規箴」は1編が分断されており、文化庁と京都国立博物館に収蔵されている。

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-583
【指定番号】00037-00
【種別】書跡・典籍
【指定名称】世説新書巻第六残巻
【ふりがな】せせつしんしょまきだいろくざんかん
【員数】1巻
【国】中国
【時代・年】唐時代
【ト書】 紙背金剛頂蓮花部心念誦儀軌
【所有者】文化庁(国)
【重文指定日】-
【国宝指定日】1951.06.09
【説明】後漢より東晋に至る間の逸話を集めたもので、六朝宋代劉義慶の撰、梁代劉孝標の註がある。残巻ではあるが、唐代の写本として文献的にも重要である。紙背には平安時代の修法次第を写し、東寺に伝来したものである。

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

他の世説新書(画像あり)

鑑賞ログ 2019年1月

東京国立博物館「顔真卿展」
この展覧会で、何となーくだけど書の字体の移り変わりがわかってきた。 古い時代のものは意外と読みやすい。 王羲之の影響が強い頃なので、フォントのように端正な文字です。

国宝データ 書・文書カテゴリの最新記事