スポンサーリンク

大徳寺 唐門[京都]

国宝DB-建築

大徳寺のこと

臨済宗大徳寺派の本山で、京都御所の北西、北大路の北側に位置し、周辺には20もの塔頭がある。 正和4年(1315年)に、大燈国師 宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)によって開かれ、応仁の乱で荒廃するが、アニメ「一休さん」のモデルになった一休宗純によって再興される。

一休宗純以降も東山文化の拠点になり、茶の湯に関係する人物も多く、ゆかりの文化財も多数残されている。 本能寺の変で最期を遂げた織田信長の葬儀が、豊臣秀吉によって大徳寺でとり行われると、戦国大名らが塔頭を建てるようになった。

国宝『唐門』

大徳寺の本坊には、国宝『方丈』の南側に枯山水の庭が広がり、庭を囲む塀に唐門が建てられている。 これは、豊臣秀吉の建てた聚楽第の遺構だと伝わり、勅使門の西にあったものを、明治時代に現在の場所に移築している。

檜皮葺の切妻屋根の前後に唐破風が付けられた四脚門で、様々な彫刻に彩色が施され、華やかな飾り金具が多用される。 日光東照宮にある『陽明門』のモデルになったといわれる。

大徳寺本坊の玄関から、国宝『唐門』がわずかに見える

この国宝を観るには

大徳寺の本坊は通常非公開だが、秋に特別公開されることが多い。 京の夏の旅・冬の旅に参加することもある。 方丈の庭に面しているので、縁から庭越しに観ることができるが、近づくことはできず、庭の写真撮影も禁止されている。

大徳寺方丈が公開される場合は写真の「庫裏」から入る

10月第2日曜には「曝凉」(=虫払い・風入れ・虫干し)が方丈で開かれ、その日には、国宝や重要文化財を含む100点を超える書画が各室に展示される。 荒天中止。

大徳寺 曝凉

文化財指定データ

【台帳・管理ID】102-1533
【指定番号】00047
【種別】近世以前/寺院
【指定名称】大徳寺唐門
【ふりがな】だいとくじからもん
【員数】1棟
【時代・年】桃山時代
【構造・形式】四脚門、切妻造、前後軒唐破風付、檜皮葺
【所在地】京都府京都市北区紫野大徳寺町
【国宝指定日】1952.03.29

タイトルとURLをコピーしました