スポンサーリンク

国宝-建築|法隆寺 中門[奈良]

国宝データ-建築
スポンサーリンク

法隆寺のこと

法隆寺は、元は聖徳太子が営んだ「斑鳩宮」があった場所に、亡くなった父「用明天皇」のために寺を建立したことに始まる。 太子亡き後の天智9年(670年)には、火災により伽藍を全て焼失するが、ほどなく復興されたのが現在の「西院伽藍」で、世界最古の木造建築とし世界遺産にも登録されている。

法隆寺 国宝『金堂』

国宝『中門』

西院伽藍の入口になる門で、この門の両端から国宝『廻廊』が延びている。 二層(2階建)の桁行4間(正面の柱の間が4つ)で、中央の2間が通路、両端の1間ずつは金剛力士像(後述)が安置される。 寺院の門は一般的に奇数の間数だが、この中門は4間なので中央に柱があり、非常に珍しい形式である。

二層には高欄がめぐらされ、卍崩しや人字形の割束が意匠され、これは国宝『金堂』と共通する。 柱は、中心からやや下部が太く、上に行くほど細くなる「エンタシスの柱」で、これは廻廊にもみられ法隆寺の特徴の1つとなっている。

中門の金剛力士像(仁王像)

重要文化財に指定される金剛力士像は、和銅4年(711年)に、五重塔の内部に安置される塑造と共に作られた。 3mを超える大型の塑造だが、長年風雨にさらされ損傷が激しく何度か補修され、吽形の体部は木造になっている。 現在はかなり落ちているが、阿形は赤く、吽形は黒く全体を塗られている。 金剛力士の日本最古の作例は長谷寺の国宝『銅板法華説相図』だが、立体的な像の形ではこれが最古である。

この国宝を観るには

有料の拝観エリアの正面になるので、外側からは入場せずに観ることができる。 中門は、西院伽藍の正面入口にあたる門だが、拝観の入口は廻廊の西端にある。

文化財指定データ

【台帳・管理ID】102-2682
【指定番号】00023
【種別】近世以前/寺院
【指定名称】法隆寺中門
【ふりがな】ほうりゅうじちゅうもん
【員数】1棟
【時代・年】飛鳥時代
【構造・形式】四間二戸二重門、梁間三間、入母屋造、本瓦葺
【所在地】奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内
【国宝指定日】1951.06.09
【説明】法隆寺の南大門を入ると正面にみえる二重門が中門で、左右には廻廊が連なり、廻廊内には右に金堂、左に五重塔がそびえる。これらはいずれも木造としては世界最古の現存建造物であり、法隆寺西院伽藍ならではの景観を呈する。中門は初重・二重とも、正面を四間、側面を三間に分かつ特殊な平面をもつ。太くて胴張りのある柱、雲斗雲肘木によって構成される組物、高欄の卍崩しの組子、人字形割束など、飛鳥建築の特徴とされるものによる構成が力強く、美しい。

出典:国指定文化財等データベース一部抜

タイトルとURLをコピーしました