観音猿鶴図(牧谿筆)[大徳寺/京都]

観音猿鶴図(牧谿筆)[大徳寺/京都]

牧谿(もっけい)とは

中国の南宋~元時代の画僧で水墨画を得意とし、日本からの入宋僧や渡来僧も弟子に多かった禅僧「無準師範」の弟子であった。 中国ではそれほど評価が高くないが、日本には禅僧らがもたらして、茶の湯や唐物の流行と共に非常に珍重された。 

国宝『観音猿鶴図』

牧谿による3幅対の水墨画で、中央に岩に坐す白衣観音、向かって右に松の樹上で子を抱く母猿、左に竹林と鳴く鶴を描いている。 いずれも、縦170cm強×横100cm弱の大型の掛軸。 観音図には「道有」印、猿・鶴図には「天山」印が押され、これはいずれも足利義満の鑑蔵印で、東山御物だったものである。

この国宝を観るには

大徳寺の本坊では、毎年10月第2日曜日に「曝涼」(虫干し・虫払いとも)を行い、普段は非公開の国宝『方丈』に寺宝が一堂に陳列される。 国宝・重要文化財もこの時に展示され、ガラスなどはなく、ごく間近で観ることができる。 受付時間は9~15時までで、雨天や荒天時は中止となる。

大徳寺 10月第2日曜は「曝涼」で寺宝が公開される

公開履歴

※曝涼以外での公開を記録しています。

2017/10/31~11/12 京都国立博物館「池大雅‐天衣無縫の旅の画家」
2017/4/11~5/7 東京国立博物館「茶の湯」

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-11
【指定番号】00012-02
【種別】絵画
【指定名称】絹本墨画淡彩猿鶴図〈牧谿筆/〉
【ふりがな】けんぽんぼくがたんさいえんかくず
【員数】3幅
【国】中国
【時代・年】南宋時代
【作者】牧谿
【ト書】「天山」の鑑蔵印がある
【所有者】大徳寺
【国宝指定日】1951.06.09

【台帳・管理ID】201-12
【指定番号】00012-01
【種別】絵画
【指定名称】絹本墨画淡彩観音図〈牧谿筆/〉
【ふりがな】けんぽんぼくがたんさいかんのんず
【員数】1幅
【国】中国
【時代・年】南宋時代
【作者】牧谿
【ト書】「道有」の鑑蔵印がある
【所有者】大徳寺
【国宝指定日】1951.06.09

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

国宝データ 絵画カテゴリの最新記事