法然上人行状絵図[知恩院/京都]

法然上人行状絵図[知恩院/京都]

国宝『法然上人絵伝』

法然上人の絵巻物で、その生涯や事蹟だけでなく、法話や著述なども含まれている。 法然上人のことだけでなく、門弟や帰依した人々の事績なども含まれる。 48巻もの巻数が現存しており、民衆の姿も多く描かれているので、当時の様子を知る資料としても貴重なものである。

法然上人行状絵図[知恩院/京都]

浄土宗の祖師である法然上人(1133年~1212年)の没後約100年ほど経った14世紀前半に、後伏見上皇の命によって製作された。 詞書の部分は伏見天皇を始め、当時の皇族や貴族らが大勢参加している。 画は土佐派の絵師によってやまと絵で描かれており、華やかなものである。

所有している知恩院では『法然上人行状絵図』としており、国宝としては『法然上人絵伝』で登録されている。 書写されたものもいくつかの寺院に残っており、江戸時代には木版も発行され広く普及した。

こちらで画像が見られます

知恩院 公式サイト →「歴史とみどころ」→「宝物」

この国宝を観るには

知恩院の所有だが、所有する絵画や書籍は全て京都・奈良の国立博物館に寄託されおり、本品もどちらかへ寄託中だと思われる。 企画展などへの出展で観られる場合あり。

2019/10/12~11/25 山梨県立博物館「法然上人絵伝」

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-118
【指定番号】00112-00
【種別】絵画
【指定名称】紙本著色法然上人絵伝〈/詞伏見天皇外 七筆〉
【員数】48巻
【国】日本
【時代・年】鎌倉時代
【作者】詞 伏見天皇外七筆
【所有者】知恩院
【国宝指定日】1955.2.2

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

国宝データ 絵画カテゴリの最新記事