俊乗上人坐像[東大寺/奈良]

俊乗上人坐像[東大寺/奈良]

国宝『俊乗上人坐像』

東大寺の大仏殿から鐘楼に向かって坂を上り鐘楼の左手前にあるお堂で、東大寺の焼き討ち後の中興の祖「俊乗坊重源上人」の木像が、堂の中央の厨子に安置されている。

国宝の『俊乗上人坐像』は肖像彫刻の傑作と言われるもので、86歳まで生きた重源と同時代に活躍した快慶の作だと伝わる。 堂内にある阿弥陀如来像も快慶作。 「俊乗」「重源」それぞれに「上人」を付けた記載があるが全て1人の人物である。

俊乗堂 公開時のパンフレット

この国宝が安置される「俊乗堂」

入母屋造りの「俊乗堂」は江戸時代の元禄頃に建てられたもので、元は重源の建てた浄土堂があった場所で、このあたり一帯は平家の焼き討ちにあって荒廃した東大寺の再建に尽力した重源ゆかりのエリアである。

この国宝を観るには

通常は非公開で、7/5の俊乗忌と12/16の良弁忌のみ中に入ることが出来る。

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-169
【指定番号】00008-00
【指定】彫刻
【指定名称】木造俊乗上人坐像(俊乗堂安置)
【ふりがな】もくぞうしゅんじょうしょうにんざぞう
【員数】1躯
【国・時代】日本・鎌倉時代
【所有者】東大寺
【国宝指定日】1951.06.09

出典:国指定文化財等データベース一部抜

ご朱印

俊乗堂が開扉される良弁忌に頂いた、限定ご朱印です。

東大寺 重源上人のご朱印

鑑賞ログ

2017年12月

東大寺の鐘楼近くにあるお堂で、「春日若宮おん祭」の奈良滞在で偶然拝観できました。 同日に拝観した『開山堂』は年に一度12/16のみですが、こちらの俊乗堂は7/5にも拝観できるようです。

お堂の中は開山堂よりもかなり広く、50名ほどが入って僧侶の方の案内を聞いていました。 私が着いた頃に説明が終わったので次の説明を待っていたら、昼時なので次回は1時間後とのことでがっかり。 パンフレットを読んで観てまわりました。 像は「こういうおじいちゃんいるよね!」という写実的なもので、くぼんだ眼や筋の浮かんだ首筋など、とても印象的でした。

国宝データ 彫刻カテゴリの最新記事