五大菩薩坐像[教王護国寺(東寺)講堂/京都]

五大菩薩坐像[教王護国寺(東寺)講堂/京都]

立体曼陀羅のこと

東寺(正式名称:教王護国寺)講堂には、空海によって作られた「立体曼陀羅」と呼ばれる仏像群がある。 曼荼羅は仏の世界を表したもので、幾何学的な配置の図画で表されることが多いが、仏像で立体的に表されることもあり「立体曼陀羅」「羯磨曼荼羅(かつままんだら)」と呼ばれる。

国宝『五大菩薩坐像』

東寺講堂の立体曼陀羅の中央には5体の如来が配置され、その東側に『五大菩薩』が配置されている。 中央は「金剛波羅蜜菩薩」で、これのみ室町時代の一揆で焼失し桃山から江戸時代初期に補作されたもので、国宝の指定は他の4体の「附」としてされている。 

他の4体は全て講堂創建当時からのもので、木造の一木造だが、表面に乾漆造のように木屎漆(こくそうるし)を使用している。 中央の波羅蜜に比べて小ぶりで、100cm弱ほどの坐像である。 高く盛り上げた髪に宝冠を着けており、体も衣の他に瓔珞(ようらく)などの装飾品が多く、優美な姿をしている。

北東「金剛薩埵菩薩(こんごうさったぼさつ)」
南東「金剛宝菩薩(こんごうほうぼさつ)」
南西「金剛法菩薩(こんごうほうぼさつ)」
南東「金剛業菩薩(こんごうごうぼさつ)」

附指定「木造金剛波羅蜜菩薩坐像」1躯

この国宝を観るには

原則、東寺の講堂(有料拝観エリア)で常時公開されている。 春秋の特別公開時等に仏像の後ろ側から拝観できる場合もある。

拝観情報(金堂・講堂)

時間:8:00~17:00(受付は30分前まで)
料金(通常期):大人¥500、高校生¥400、中学生以下¥300
料金(特別期):大人¥800、高校生¥700、中学生以下¥500
特別期間:正月・春秋などは五重塔初層拝観ができる
アクセス:JR「京都駅」徒歩約15分、近鉄「近鉄東寺駅」徒歩約10分
市バス:各路線「東寺東門前」「東寺南門前」「九条大宮」「東寺西門前」などのバス停下車

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-246
【指定番号】00083-00
【種別】彫刻
【指定名称】木造五大菩薩坐像(講堂安置)
【ふりがな】もくぞうごだいぼさつざぞう
【員数】4躯
【国】日本
【時代・年】平安時代
【所在地】教王護国寺(東寺)
【国宝指定日】1954.03.20
【追加指定日】2012.09.06

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

国宝データ 彫刻カテゴリの最新記事