スポンサーリンク

国宝-彫刻|五智如来坐像[安祥寺/京都]

国宝DB-彫刻

安祥寺のこと

京都山科にある安祥寺は、仁明天皇の女御(文徳天皇の母)藤原順子の発願で、入唐僧の恵運によって開かれ、現在の毘沙門堂あたりも含む寺域があり、多くの伽藍を有する大寺院であった。 荒廃と復興を繰り返し、応仁の乱で一度廃絶するが、江戸時代に復興し、その頃の堂宇が現在まで残る。

開山の恵運は入唐八家の1人で、現在東寺の観智院に安置されている重要文化財「五大虚空蔵菩薩像」は、恵運が唐から請来して安祥寺に安置していたもの。

国宝『五智如来坐像』

安祥寺の創建当時に制作された五智如来で、多宝塔に安置されていた。 多宝塔は明治39年(1906年)に火災で焼失しているが、五智如来はその直前に京都国立博物館に寄託されたため、難を逃れた。 現在も京都国立博物館に寄託され、1階に安置されている。

五智如来は、金剛界の中心となる五仏のことで、東寺(教王護国寺)講堂の立体曼陀羅の中央五仏と同じ構成だが、東寺の像は焼失し再制作されたので、この像が五智如来の最古例となる。 大日如来が大きく(158.6cm)、他の4体は106~109cmほどの坐像で、木造の上に乾漆を盛っている。

大日如来(だいにちにょらい)
阿閦如来(あしゅくにょらい)
宝生如来(ほうしょうにょらい)
阿弥陀如来(あみだにょらい)
不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)

安祥寺 特別公開チラシより

この国宝を観るには

京都国立博物館に寄託されており、平成知新館の1階に展示されているため、開館時には観られることが多い。 入館料は展示によるので、特別展の期間中は特別展の料金がかかり、それ以外は名品ギャラリー(通常展示)の料金で観ることができる。

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-3507
【指定番号】00839-00
【種別】彫刻
【指定名称】木造五智如来坐像
【員数】5躯
【時代・年】平安時代
【所在地】京都国立博物館
【所有者】安祥寺
【国宝指定日】2019年

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋
タイトルとURLをコピーしました