梵鐘[円覚寺/神奈川]

梵鐘[円覚寺/神奈川]

円覚寺のこと

円覚寺は、鎌倉幕府の執権であった北条時宗が宋より招いた無学祖元によって弘安5年(1282年)開山された。 鎌倉五山の第二位で臨済宗円覚寺派の大本山。

鎌倉 円覚寺

国宝『円覚寺 梵鐘』

国宝の『梵鐘』は、北条時宗の子の貞時が正安3年(1301)に寄進したもので、建長寺や常楽寺と共に「鎌倉三名鐘」に数えられる。

国宝『梵鐘(洪鐘)』円覚寺/鎌倉

鐘の鋳造がうまくいかず、江ノ島の弁財天に7日間参詣すると夢のお告げを得、その通りに池の底を掘ると金銅の塊が見つかり、それで鋳造したのがこの鐘だという伝承がある。 鐘楼の向かいには弁天堂が建てられている。

国宝『梵鐘(洪鐘)』円覚寺/鎌倉

梵鐘は現在、山門や仏殿から東の高所にある鐘楼にかけられており、洪鐘と書いて「おおがね」と読む。 「円覚寺鐘、正安三年八月、大檀那平貞時、住持宋西潤子曇、大工大和権守物部国光在銘」と入っており、銘は西潤子曇で物部国光により作られた。 西潤子曇 の銘は「皇帝万歳 重臣千秋 風調雨順 国泰民安」

国宝『梵鐘(洪鐘)』円覚寺/鎌倉

円覚寺の拝観情報

住所:神奈川県鎌倉市山ノ内8
時間:8:00~16:30(12~2月は~16:00)
料金:大人¥300、小人¥100
アクセス:JR横須賀線「北鎌倉駅」徒歩約1分
アクセス/バス:JR「鎌倉駅」江ノ電バス「大船駅」「上大岡駅」「本郷台駅」行き乗車「北鎌倉駅」下車徒歩1分
他の国宝:『舎利殿』※公開日限定
公式サイト:https://www.kenchoji.com/

円覚寺のイベント

暁天座禅会「仏殿」
毎日(1/1~1/7、10/1~10/5、行事日は休み)
AM6:00~7:00(初回のみ10分前に集合で説明あり)遅刻不可

日曜説教座禅会「大方丈」2・4日曜日AM9~11時
日曜座禅会「大方丈」1・3・5日曜日AM8~10時(年末年始・8月休)
土曜座禅会「居士林」年末を除く毎週土曜日 持ち物・注意あり

除夜の鐘
僧侶が撞くのを近くで聞くことが出来る。
僧堂でも鐘が撞かれ、そちらは一般でも参加可能。4名程度1組で整理券制。

文化財指定データ

【台帳・管理ID】 201-416
【指定番号】00123
【種別】工芸品
【指定名称】梵鐘
【ふりがな】ぼんしょう
【員数】1口
【時代・年】鎌倉時代・正安3年(1301年)
【寸法・重量】総高259.1cm、竜頭高54cm、笠形高15.7cm、肩以下189.4cm、口径142.4cm
【品質・形状】 鋳銅製。大きく肩を張った笠形の上に偉容ある竜頭を据え、鐘身は力強く張りを見せている。上帯には飛雲文、下帯は唐草文を流暢に鋳出している。形状各部の比例は鎌倉の典型的な姿を示している。乳は六段六列で、法量に相応しい大きいものを配し、銘文は池の間四区に陰刻するが、第二区と第四区の大文字は籠字になっている。
【ト書】円覚寺鐘、正安三年八月、大檀那平貞時、住持宋西潤子曇、大工大和権守物部国光在銘
【所在地】神奈川県鎌倉市山ノ内409
【所有者】円覚寺
【重文指定日】1909.04.05
【国宝指定日】1953.11.14
【説明】本鐘は、北条貞時の時に造られ、銘文は西潤子曇が撰し、物部国光が鋳造したことが銘文から分かる。建長寺の鐘と共に、鎌倉時代梵鐘の双璧と称すべきものである。当期関東の大鋳物師物部氏の代表作ともいえ、雄健な中地を完全に発揮した堂々たる風格をもつ大鐘である。
物部国光は、他に弘安九年小網寺、正応五年相模国分尼寺、永仁六年武蔵東漸寺、正安三年武蔵称名寺などの鐘を鋳ている。

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

その他の円覚寺の国宝

国宝データ 工芸カテゴリの最新記事