太刀 福岡一文字吉房[東京国立博物館]

太刀 福岡一文字吉房[東京国立博物館]

国宝『太刀 福岡一文字吉房』

太刀 福岡一文字吉房[東京国立博物館]竹腰家伝来

福岡一文字派「吉房」による太刀で、吉房の特徴でもある華やかな丁子刃(ちょうじば)で、反りの強い豪壮な作りをしている。 備前刀のもっとも成熟した形といわれる。

太刀 福岡一文字吉房[東京国立博物館]竹腰家伝来

福岡一文字 吉房のこと

福岡一文字派は、備前国長船町福岡を本拠地とし、後鳥羽院に召され「御番鍛冶」となった「則宗」が、茎(手に持つ部分)に名前などではなく「一」の銘を刻んだので、この名で呼ばれる。

助房の子で鎌倉時代中期を代表する刀工。 有名な「岡田切」など5口が国宝に指定されている。 吉房の作は「吉房」と銘を切っているものが多いが、作風に幅があるため、同名の刀工が複数存在する説や、1人の刀工の年代による作風の変化とする説など、諸説ある。

太刀 福岡一文字吉房[東京国立博物館]銘「吉房」

来歴

豊臣秀吉が竹腰正信(たけのこしまさのぶ)に与え、同家に伝わった。

竹腰正信の実母は、夫と死別後に徳川家康の側室となり、尾張徳川家の初代藩主となる徳川義直を生んだ。 正信は、異父弟が藩主を務める尾張藩の附家老(つけがろう=将軍家によって親藩の家老に任命されるもの)となり、竹腰家は幕末まで尾張藩の家老を務める。

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-512
【指定番号】00216-00
【種別】工芸品
【指定名称】太刀〈銘吉房/〉
【ふりがな】たち〈めいよしふさ〉
【員数】1口
【国】日本
【時代・年】鎌倉時代
【作者】吉房
【所在地】東京国立博物館
【国宝指定日】1957.06.18 

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

国宝データ 刀剣カテゴリの最新記事