情報|東京国立博物館「きもの KIMONO」2020/4/14~6/7

情報|東京国立博物館「きもの KIMONO」2020/4/14~6/7

きもの KIMONO 展

東京国立博物館の2020年度最初の特別展は「きもの KIMONO」です。 この展覧会での「きもの」は、比較的狭い意味で使われているようで、現在も着られている形の「きもの」の成立から発展を見せていただけるようです。

古いものだと、後白河法皇が鶴岡八幡宮のご祭神である神功皇后の衣服として奉納した古神宝、最近のものでは昭和モダンのお振袖まで、その時代ごとの象徴的な衣装が並ぶようです。 国宝の2点の屏風をはじめ、実物のきものだけでなく、描かれた着物も展示されます。

あの有名な「見返り美人」や、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の遺物、尾形光琳が直筆で模様を描いた小袖に、岡本太郎が下絵案を描いた振袖と、着物好きだけでなく浮世絵好き・戦国武将好き・琳派好きと、色んなマニアがそわっとするラインナップです。 三越の今の紙袋は銘仙の柄なんですが、復刻された着物も展示されるようで、これも楽しみです。

この展覧会で観られる国宝

鶴岡八幡宮 古神宝[鶴岡八幡宮]

前期(4/14~5/10)のみ
鎌倉のシンボル「鶴岡八幡宮」の古神宝は、衣装5領と武具類がそれぞれ1件として国宝に指定されています。 今回は、平安~鎌倉時代に装束の一番上に羽織った表着「袿 白地小葵鳳凰模様二陪織物」が展示されます。

観楓図 狩野秀賴筆

後期(5/12~6/7)のみ
狩野派でも初期の人物「狩野秀頼」による風俗図屏風ですが、古い時代の伝統である四季山水図屏風の形式で描かれています。 風俗図屏風の初期段階のもので、人々の姿も桃山頃の風俗をしています。

松浦屏風[大和文華館]

5/19~6/7のみ
大型の六曲一双屏風で、背景は金箔一色、そこに色も柄もコーディネートも様々に着飾った遊女が描かれています。 江戸初期の、モダンで自由な衣装がとても楽しいおしゃれ屏風です。

展覧会 概要

期間:2020/4/14~6/7
休日:月曜日(5/4は開館)
時間:9:30~17:00
料金:一般¥1,700、大学生¥1,200、高校生¥900
公式サイト:https://www.tnm.jp/

情報 博物館・美術館カテゴリの最新記事