鑑賞ログ|原三渓-茶と美術へのまなざし-@畠山記念館[東京]

鑑賞ログ|原三渓-茶と美術へのまなざし-@畠山記念館[東京]

畠山記念館は初めての訪問です。静かな住宅地に重厚な白壁と家紋入りの木の門が現れます。 美術館までは日本庭園が広がり、いくつかの茶室もあり一般に貸し出しもいしてくれるようですね。 この日もお茶会が開かれていました。

畠山記念館 入口

入口から美術館までは静かな日本庭園を通って行きます。 庭園内には美術館の他にいくつかの茶室もあり、一般向けの貸し出しも行っているようで、この日もお茶会が開催され着物姿の方を多く見かけました。

畠山記念館 入口から美術館まで

展示品は、三渓の旧蔵品などゆかりの品々ですが、一番かわいらしかったのは益田鈍翁に宛てた書状。 鈍翁にお茶会に誘われたのに行かれないお詫び状なのですが、大好きな鰻を食べすぎて祟られてしまったけど鰻が食べたい的なことがイラスト入りで書かれています。 これがそこそこの御年の大実業家のやり取りだなんて、チャーミングすぎますね。

それほど大きくないので、一点ずつゆっくり鑑賞しても疲れないくらい。 それから、畳の掛軸鑑賞コーナーの続きには、茶室もあります。 別料金ですが、干菓子とお抹茶も頂けるので、のんびりゆったり秋の美術館を満喫しました。

畠山記念館の最寄駅は「高輪台」、ちょっと歩いて「白金台」なんですが、記念館の周りにはあまり飲食店が無いんですよね。 今回は、高輪台駅の地上に出てすぐにある四川料理の「香家」さん。 カフェ風で女性1人でも入りやすいですが、山椒ビリビリの本格坦々麺が美味しかったです。 写真はレディースセットで中国茶もついているので満足度高いです。 辛くないメニューもあるので辛いの苦手な人でも大丈夫ですよ。

国宝鑑賞ログカテゴリの最新記事