孔雀明王像[仁和寺/京都]

孔雀明王像[仁和寺/京都]

国宝『孔雀明王像』

密教の修法「孔雀経法」の本尊にされたと思われる孔雀明王画像で、中国・宗時代の作品。 国宝の指定は南宋時代(12~13世紀)とされているが、所有する仁和寺の解説では北宋時代(10~12世紀)となっている。

日本では一面四臂(1つの顔と4本の手)で表されることが多いが、この作品は三面六臂(3つの顔と6本の手)である。 同時期の日本の作例より鋭い表情で、緻密で写実的に描かれている。

孔雀経法とは

孔雀はコブラなどの毒蛇を食べることから除難の功があるとされ、真言密教では孔雀明王像(主に画像)を本尊に使う「孔雀経法」が重視されるようになる。 

この国宝を観るには

京都国立博物館に寄託されており、あまり公開されないが、秋の霊宝館で短期間だけ公開される場合がある。

2019/8/14~9/16 京都国立博物館「京博寄託の名宝展」

他にも国宝の『孔雀明王像』があります

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-18
【指定番号】00016-00
【種別】絵画
【指定名称】絹本著色孔雀明王像
【ふりがな】けんぽんちゃくしょくくじゃくみょうおうぞう
【員数】1幅
【国】中国
【時代・年】南宋時代
【所有者】仁和寺
【国宝指定日】1951.06.09

出典:国指定文化財等データベース 一部抜粋

国宝データ 絵画カテゴリの最新記事