釈迦如来立像・像内納入品一切[清凉寺/京都]

釈迦如来立像・像内納入品一切[清凉寺/京都]

国宝『釈迦如来立像・像内納入品一切』

釈迦が37歳の時のお姿をうつした像だといわれる像で、内部からは布で作った「五臓六腑」や「願文」「経巻」等が発見され、それらも国宝として追加指定されている。 インドの優填王(うでんおう、ウダヤナ)が在世中の釈迦を模して造らせた「優填王思慕像」を、東大寺の僧「奝然(ちょうねん)」が五台山を巡礼した際に宋で出会い、模刻を作らせて日本に招来したもので「三国伝来の釈迦像」と呼ばれている。 

国宝『釈迦如来立像』清凉寺パンフレットより

像は160cmほどで、エキゾチックな顔立ちに衣の衣文が細かく左右対象で表わされている。 頭髪は日本の如来で一般的な「螺髪」ではなく縄を編んだような形をしていて、これもガンダーラ仏でよく見るようなスタイル。 この様式は「清凉寺式釈迦像」と呼ばれ、日本各地に模像がある。 また江戸時代などは出開帳も行われていたようで、本堂内には出開帳の際にご本尊を納めて運んだ駕籠のような長持のような入れ物も展示されている。

国宝釈迦如来像の安置される清涼寺本堂

像内納入物は、1954年に像の背板を外した時に発見されたもので、招来した奝然による写経や遺品のほか、絹布で作られた「五臓六腑」が見つかり、1,000年も前の内臓模型として医学誌的にも貴重な資料。 現在は「五臓六腑」の現物は釈迦像の像内に戻されており、本堂内や霊宝館では復元したものが観られる。

像内納入品一覧

入宋求法巡礼行並瑞像造立記〈僧鑑端書/〉
入端像五臓具記捨物注文〈奝然自署/〉
細字金光明最勝王経〈奝然自署/〉
細字法華経
版本金剛般若波羅蜜経
版画霊山変相図
版画弥勒菩薩像〈高文進画/〉
版画文殊菩薩騎獅像
版画普賢菩薩騎象像
義蔵奝然結縁手印状〈義蔵奝然自書/〉
奝然繋念人交名帳〈粘葉装/〉
捨銭結縁交名記
捨銭結縁交名記〈断簡/〉
奝然生誕書付(承平八年正月廿四日云々)
絹製五臓
線刻水月観音鏡像〈絹紐付/〉
菩提念珠
娑羅樹葉片
水晶珠
瑠璃製耳璫
方解石
中国銅銭
銅製鈴子
銀製釧子
玻璃器
雲母製幢
平絹片

釈迦如来立像を観るには

釈迦像は通常非公開で、毎月8日と4・5月、10・11月に公開されている。 2018年夏時点の情報だが、非公開時でも¥1,000以上のお布施で特別にご開帳して頂け、これは太鼓を鳴らしながら厨子の前に垂らされている布を上げて頂ける。

拝観情報

住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
拝観時間:9~16時(春秋の特別拝観時は~17時)
本尊開扉:毎月8日(11時~)4・5月、10・11月
拝観料:通常¥400、春秋は霊宝館とで¥700

文化財指定データ

【台帳・管理ID 】 201-11037
【指定番号 】 00094-02
【指定名称 】 像内納入品一切
【ふりがな 】 ぞうないのうにゅうひんいっさい
【国・時代 】 中国・北宋時代(985年、修理銘1218年)
【ト書 】 背板裏に大宋国台州張延皎并弟延襲雕、反花座表に唐国台州開元寺、僧保寧の刻銘がある/蓮弁葺軸底に建保六年大仏師法眼快慶修造の墨書銘がある
【作者 】 張延皎并張延襲
【所在地 】 清凉寺
【国宝指定日 】 1955.06.22
【追加年月日 】 2017.09.15

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

清凉寺(嵯峨釈迦堂)のご朱印

清凉寺(嵯峨釈迦堂)のご朱印

ついでにグルメ

清凉寺仁王門前の道を東に数十メートルのところにある豆腐の名店「森嘉(もりか)」は、奥に職人さん達が働く姿が見える町工場のようです。 店先では物販もしていて、ひっきりなしに車が止まり豆腐を買っていきますが、旅行だとあきらめますよね。

嵯峨釈迦堂(清凉寺)前「 森嘉 」の「ひろうす」

1点だけその場で食べられる「ひろうす」は「がんもどき」のことで、揚げたてのアツアツにお塩を付けてくれます。 1つ二百円越えで少し高く感じますが、銀杏をたっぷりの百合根でくるんである贅沢なもので、むしろお買い得なのでは。 

嵯峨釈迦堂(清凉寺)前「 森嘉 」の「ひろうす

鑑賞ログ 2018年11月

霊宝館なども公開される秋の特別公開なので、夏よりもやや混んでいます。 他の人が板敷のお坊さんが正面に座る少し高い台の近くまで行っていて、そこまで入っていいことを知り、そこまで行ってみるとかなり近くでよく観ることができました。

鑑賞ログ 2018年8月

夏の京都旅行で訪問。公開時期ではないので¥1,000払っても拝ませて頂こうと思っていたら、その日は行事だか法事があったとかですでにご開帳されていました。 人が少なく本堂の中でのんびり過ごさせて頂きます。 寸志の「一文字写経」は般若心経から好きな一時を筆ペンで大きく書いて、願い事と氏名を書くという手軽なもの。 これも釈迦像が見えるところで書くのでありがたみがあります。

国宝データ 彫刻カテゴリの最新記事