古今和歌集序(巻子本)[大倉集古館]

古今和歌集序(巻子本)[大倉集古館]

国宝『古今和歌集序』

平安末期に書写された古今和歌集で、本篇20巻に序文1巻を加えた全21巻セットだったと考えられるが、現在まで巻子本として残るのは大倉集古館所蔵の「序」のみ。 他は断簡として、額装にされたり手鑑に貼られ、各地の美術館博物館に残されている。

鮮やかな色で染められた料紙が継がれ、蠟箋(ろうせん=エンボス加工)に雲母刷りを加えた華やかな巻紙で、模様も紙ごとに異なるなど大変手の込んだもの。 源俊頼筆と伝わってきたが、現在の研究では書風から藤原定実によるものだとする説が有力である。 藤原定実(ふじわらのさだざね)は、三跡の1人藤原行成の曾孫で、世尊寺流書の4代目でもある。

この国宝を観るには

所蔵館のホテルオークラ内「大倉集古館」で、年に一度程度展示される場合がある。 大倉集古館は2014~2019年まで休館だが、リニューアルOPEN「桃源郷展」の前期にも出展される。

公開履歴

2020/4/18~5/24 大倉集古館「彩られた紙―料紙装飾の世界―」※新型コロナで中止
2019/9/12~11/17 大倉集古館「桃源郷展」

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-557
【指定番号】00003-00
【種別】書跡・典籍
【指定名称】古今和歌集序(彩牋三十三枚)
【ふりがな】こきんわかしゅうじょ
【員数】1巻
【国】日本
【時代・年】平安時代
【国宝指定日】1951.06.09

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

国宝データ 書・文書カテゴリの最新記事