スポンサーリンク

情報|五島美術館「桃山の華」2021/8/28~10/17[東京]

情報-博物館・美術館

桃山の華 展

五島美術館の秋の館蔵品展は「桃山」がテーマで、絵画、陶芸、書跡と幅広い展示内容のようです。 桃山時代はちょっとアバンギャルドというか、大胆な意匠が多くて、びっくりするくらい現代的なデザインがあって驚きます。 チラシ裏に出ている「加藤清正母像」の着物など、すごく大胆でオシャレなんです。 桃山といえば茶の湯が文化の中心だったので、漫画の「へうげもの」から茶の湯に興味を持った私は、織部焼きや千利休の書などグッとそそられるものだらけです。

五島美術館「桃山の華」チラシ

「人と筆跡」「茶道」「漆芸」「琳派と絵画」「絵本 ・ 絵巻 ・ 出版」「桃山時代の陶芸」に分かれていて、特に陶芸や絵画の数が多そうです。 個人的には「琳派と絵画」が楽しみで、宗達の下絵に光悦が書を書いたものが2点、光琳と乾山兄弟の絵画も2点ずつ公開されるようです。 「絵本 ・ 絵巻 ・ 出版」も豪華で、大江山絵巻や曽我物語など江戸時代の作品が並ぶようです。 紫式部日記の特別公開もあるので、琳派コーナーと合わせると、絵画はかなりのボリュームです。 陶器では、この館の名物の1つ「破袋」の水差しは大好きな作品ですし、茶入が5つも並ぶようでこれも楽しみです。

五島美術館「桃山の華」チラシより

この展覧会で観られる国宝

古林清茂墨蹟 送別偈

偈(げ)は仏を讃える漢詩のことで、中国・元時代の名僧「古林清茂(くりんせいむ)」が、日本からの入元僧で弟子の「別源円旨」の送別にあたって書き贈ったものです。 別源円旨が開山の弘祥寺から朝倉氏、織田信長を経て、家臣の丹羽長秀へ伝わったと来歴がすごいです。

紫式部日記絵詞 1・2・3段

10/9~10/17のみ公開、他の期間は模写本を展示

秋の恒例、紫式部日記の公開です。 9日間だけの公開ですが、これ以外の期間は現状を忠実に模写したものが公開されます。 中宮彰子に仕えていた紫式部の宮仕え中の日記で、後の後一条天皇が生まれたお祝いの儀式や祝宴など華やかな場面です。

五島美術館の庭園

五島美術館の入口正面には芝生が広がっていて、庭園に出ることができます。 入口の開放的な雰囲気からは想像できませんが、斜面を降りるように石畳の道があり、木々の中を散策することができます。 残念ながら国の登録有形文化財に指定された茶室は、特別な期間しか公開されていませんが、散策道の途中には古墳があったり池があったりと、とても楽しめます。 美術館の観客のわりに、庭園で人に会うことが少ないので、もったいないなぁと思っています。

こちらの庭園で一番魅力なのが、仏像好きにはたまらない「石仏」がものすごくたくさんあるんです。 六地蔵や六観音は、タイプの異なる石仏を組み合わせてあったり、頭がなくなってしまったお地蔵さんに丸い石を乗せて頭に見立てたり、それぞれに味わいがあるので、見ていて飽きません。

庭園を下りきったところには出口専用の門があって、ここから出ると10分もかからずに二子玉川のショッピングモールまで歩けるので、行きは上野毛から、帰りは二子玉川へというのが私の定番コースになっています。

五島美術館の庭園
五島美術館の庭園 稲荷丸古墳
五島美術館の庭園 石仏

展覧会 概要

期間:2021/8/28~10/17
時間:10:00~17:00
休館:月曜日(9/20は開館し、9/21が休館)
料金:一般¥1,000、高大生¥700、中学生以下無料

五島美術館 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました