曜変天目茶碗[藤田美術館/大阪]

曜変天目茶碗[藤田美術館/大阪]

天目茶碗とは

「天目」というのは、鎌倉時代に中国からもたらされた黒釉の茶碗で、下部が膨らまず漏斗のような形をし「天目台」と呼ばれる小型で足付きの丸盆のようなものに乗せて供される。 後には、黒釉以外で天目台がつくものや、天目台は付かず形も異なるが黒釉の焼物をそれぞれ「天目」と略称することも出てくる。

曜変天目とは

黒釉の茶碗だが、瑠璃色に輝く斑紋が散らばり、角度によって輝き方が異なる。 南宋時代の中国で焼かれた茶碗だが中国には残っておらず、世界的にみても日本で国宝に指定される3椀のみしか現存しない。(MIHO MUSEUMが所蔵する重要文化財の椀は「曜変天目」か「油滴天目」かで意見が分かれる)

安土桃山時代までは、もう1椀「大名物」の中でも天下一とされる曜変天目があったが、足利将軍家(東山御物)から織田信長に伝わり、本能寺の変で失われてしまったと考えられる。

国宝『曜変天目茶碗』藤田美術館蔵

徳川家康から水戸徳川家に伝わった茶碗で、後に藤田財閥が入手し、現在は藤田美術館が所蔵する。 華やかさでは静嘉堂所蔵の「稲葉天目」ほどではないが、茶碗の内外に曜変が出ているのは本品のみ。 国宝の3椀の中では一番大型である。

この国宝を観るには

所有する藤田美術館は常設展は無く、春秋の企画展のみ開館していたが、2018~2022年に建て替えをしており、その期間は他美術館・博物館での特別展で観ることができる。

文化財指定データベース

【台帳・管理ID】201-423
【指定番号】00129-00
【種別】工芸品
【指定名称】曜変天目茶碗
【ふりがな】ようへんてんもくちゃわん
【員数】1口
【国】中国
【時代・年】南宋時代
【寸法・重量】高6.8cm、口径13.6cm、高台径3.6cm
【品質・形状】素地は鉄分の多い灰黒色の陶胎。これに光沢のつよい漆黒の釉薬が厚くかかり、腰以下は露胎である。形は口辺が捻り返しとなり、腰がすぼみ、高台の小さく底の削り込みの浅いいわゆる天目形。漆黒の釉面に粒状の斑文が一面に浮かび、そのまわりが暈状に玉虫色の光沢を放っている。縁に金覆輪をめぐらす。
【伝来・参考】大正七年 藤田家-藤田美術館
【付属物】袋:紫縮緬/緒つがり紫、内箱:黒漆金粉字形筆者不明「御茶碗」、外箱:桐春慶塗書付黒漆筆者不明「御茶碗曜変」
【所有者】藤田美術館
【重文指定日】1953.03.31
【国宝指定日】1953.11.14
【説明】もとは水戸徳川家に伝わった天目茶碗。静嘉堂、龍光院の曜変天目茶碗と並んで曜変中の三絶とされている。曜変は稲葉天目ほど鮮やかではないが、内外両面に美しい曜変のあるのは本茶碗だけで、大名物として古来とくに珍重されたものである。

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

国宝データ 工芸カテゴリの最新記事