後醍醐天皇宸翰 天長印信(蝋牋)[醍醐寺/京都]

後醍醐天皇宸翰 天長印信(蝋牋)[醍醐寺/京都]

国宝『後醍醐天皇宸翰 天長印信』

後醍醐天皇が、弘法大師空海によって書かれた「 天長印信 」を書写したもので、天皇による自筆は「宸翰」と呼ばれる。 延元4年(1339年)に書かれているが、後醍醐天皇は同年9月に吉野で崩御しているので、最晩年の書となる。

南北朝から室町時代にかけての宸翰を「宸翰様」と呼び、書の流派を確立した天皇もいる。 後醍醐天皇の宸翰では他に、大阪の四天王寺に伝わる『後醍醐天皇宸翰四天王寺縁起』と、京都大徳寺に伝わる『後醍醐天皇置文』の2点が国宝に指定されている。 

醍醐寺宝物館パンフレットより

天長印信とは

「印信(いんじん)」とは、師が弟子に対して許可を与える書状のことで、「天長印信」は元号が「天長」(824~834年)の時代に、空海が弟子に与えた印信のこと。

蝋牋とは

蝋牋(ろうせん)とは、染料や墨などをつけずに版木などを押しつけて模様を付ける技法(空摺、空刷り)で作られた料紙のこと。 現代のエンボス加工のようなもの。

こちらで画像が見られます

醍醐寺文化財アーカイブス →「醍醐寺の国宝・重要文化財」→「南北朝時代」

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-813
【指定番号】00039-00
【指定名称】後醍醐天皇宸翰天長印信(蝋牋)
【よみかた】ごだいごてんのうしんかんてんちょういんじん
【員数】1巻
【時代】南北朝
【年代】1339年
【ト書】延元四年六月十六日弘真跋   
【所有者】醍醐寺
【国宝指定日】1951.06.09

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

鑑賞ログ

2019年9月

サントリー美術館「醍醐寺展」 にて

国宝データ 書・文書カテゴリの最新記事