スポンサーリンク

情報|東京国立博物館「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」2021/6/22~9/12

情報-博物館・美術館
スポンサーリンク

国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ 展

2020年に予定されていた特別展ですが、新型コロナの関係で1年延期され、鳥獣戯画展の終了に替わってスタートする特別展です。 1日で特別展の展示替えをするわけではなく、こちらの企画は本館の大階段奥にある「特別5室」で開かれます。 最近では、即位の礼で使用された「高御座」が展示されていた天井の高い空間です。 聖林寺では、本堂から少し階段を上ったところに十一面観音の収蔵庫がありましたが、老朽化のため改修されることになり、その間にお出ましになられるようです。

今回の主役である聖林寺の十一面観音は、明治の廃仏毀釈で廃寺になった「大御輪寺」に安置されていたもので、他の仏像も同じように各地の寺々に散らばりました。 今回は、旧大御輪寺の仏像が何躯が集められる「大御輪寺OB会」でもあります。 大御輪寺は、日本最古の神社といわれる「大神神社(おおみわじんじゃ)」の神宮寺だったので、古代の祭祀に使われた出土品など、三輪山の原始信仰や大神神社のことも紹介されるようです。

東京国立博物館「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」チラシ

大神神社と大御輪寺のこと

大神神社(おおみわじんじゃ)は、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)を三輪山に祀ったことが、古事記や日本書紀にも書かれている、日本最古の神社です。 三輪山自体を御神体として、禁足地として信仰の対象とし、その山裾に拝礼のための大神神社があります。

大御輪寺(だいごりんじ、おおみわてら)は大神神社の神宮寺で、中世には本地垂迹説や神仏習合が進み、三輪流神道が広められました。 大御輪寺・浄願寺・平等寺といった大神神社の神宮寺は全て廃寺になっていますが、大物主大神の子孫神「大直禰子命」を祀る大直禰子神社は、大御輪寺の本堂が使われているそうです。

神域である三輪山は、現在は入山参拝が許されていますが、長く禁足地とされてきました。 三輪山からは、古墳時代(4~5世紀)に祭祀を行った遺跡群が見つかっており、その中心的な「山ノ神遺跡」の出土品なども出展されるようです。

この展覧会で観られる国宝

十一面観音立像[聖林寺]

奈良時代の木心乾漆仏で、京田辺市にある観音寺(普賢寺)大御堂の国宝『十一面観音立像』と同じ官営の工房で作られたのではないかといわれています。 私個人の感想ですが、聖林寺の観音様は「写真より実物の方が男性的でワイルド」な印象で、観音寺の観音様は「写真より実物の方が柔和で優しい雰囲気」だなと思いました。 収蔵庫ではガラス越しに正面から参拝する形でしたが、今回はどのように展示されるか楽しみです。(背面が観たい。。。)

地蔵菩薩立像[法隆寺]

現在は法隆寺の大宝蔵院に安置されている地蔵菩薩は、平安時代に作られたカヤの一木造で、大御輪寺では十一面観音の脇侍だったそうです。 平安時代初期らしい、柔らかな重厚感のあるお地蔵様です。 他にも、奈良市と天理市の市境にある「正暦寺」の日光・月光菩薩もお出ましで、150年ぶりの旧大御輪寺仏の邂逅です。

展覧会 概要

混雑を避けるために、事前予約優先制になるようです。当日券は数に限りがあるようなので、事前の日時指定券の予約がおすすめです。 招待券や会員の入館券がある方は、¥0の指定券を予約することができます。

期間:2021/6/22~9/12
休館:月曜日(8/9は開館)
時間:9:30~17:00(入館は30分前まで)
料金:一般¥1,500、大学生¥800、高校生¥500、中学生以下無料

展覧会 公式サイト
東京国立博物館 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました