唐招提寺 講堂[奈良]

唐招提寺 講堂[奈良]

唐招提寺のこと

戒律を日本に伝えた鑑真が東大寺で5年を過ごした後に、新田部親王の住居跡地を下賜され、戒律を学ぶ道場として創建し亡くなるまで過ごした。 鑑真亡後も弟子らによって伽藍の整備が進められた。

国宝『講堂』

寺の正門である南大門から見て金堂の奥に位置している建物。 平城京の「東朝集殿」を賜って移築しており、奈良時代の宮殿建築の唯一の遺構だが、鎌倉時代の修理でその時の様式も取り入れ改造されている。

唐招提寺 講堂 正面

「講堂」とは、僧が講義を聞いたり勉強する場で、その為の師が座る席が本尊の左右に置かれている。 中尊は鎌倉時代作の木像弥勒像だが、菩薩形ではなく如来として作られている。 木像の持国天・増長天は奈良時代の作で、鑑真と共に来日した唐人の作といわれる。

唐招提寺 講堂[奈良]
唐招提寺 講堂[奈良]

唐招提寺の他の国宝

金堂
鼓楼
宝蔵
経蔵
鑑真和上坐像』(御影堂)
盧舎那仏坐像』(脱活乾漆)
薬師如来立像』(木心乾漆)
千手観音立像』(木心乾漆)
梵天・帝釈天立像』(木造・乾漆併用/彩色)
四天王立像』(木造・乾漆併用/彩色)
舎利容器』(白瑠璃舎利壺(鑑真和上将来舎利納入)、方円彩糸花網、金亀舎利塔)

拝観情報

時間:8:30~17:00(受付は30分前まで)
料金:大人¥600、中高生¥400、小学生¥200
電車:近鉄「西ノ京駅」徒歩約10分
バス:JR奈良駅・近鉄奈良駅からバスあり「唐招提寺」下車
Webサイト:http://www.toshodaiji.jp/index.html

文化財指定データ

【台帳・管理ID】102-2478
【指定番号】00093
【種別】近世以前/寺院
【指定名称】唐招提寺講堂
【ふりがな】とうしょうだいじこうどう
【員数】1棟
【時代・年】奈良時代・710~793年
【構造・形式】桁行九間、梁間四間、一重、入母屋造、本瓦葺
【所有者】唐招提寺
【重文指定日】1898.12.28
【国宝指定日】1952.11.22

出典:国指定文化財等データベース一部抜

鑑賞ログ 2019.1.3

金堂の奥にある同じくらい大きな建物。仏像は少なく、勉強の場らしく左右に僧が討論などの時に乗るらしい台が設置されている。 あいたスペースには、古い木材などが展示してありました。

国宝データ 建造物カテゴリの最新記事