唐招提寺 宝蔵[奈良]

唐招提寺 宝蔵[奈良]

唐招提寺のこと

唐招提寺は、鑑真和上が朝廷から新田部親王の邸宅跡地を賜り建てた寺院で、講堂などは朝廷の建物を移築したものである。

手前が国宝『宝蔵』、奥のひとまわり小さいのも国宝の『経蔵』

国宝『宝蔵』

宝蔵は金堂講堂の東側に位置し、創建と同じ頃に建てられた。 正倉院などと同じ「校倉造(あぜくらづくり)」で、南隣にはやや小ぶりな国宝の『経蔵』が建っている。 現在は鉄筋コンクリートの「新宝蔵」が建てられ、宝物類は新宝蔵に収蔵されている。

唐招提寺『宝蔵』は奈良時代に建てられた校倉造

文化財指定データ

【台帳・管理ID】102-2480
【指定番号】00200
【種別】近世以前/寺院
【指定名称】唐招提寺宝蔵
【ふりがな】とうしょうだいじほうぞう
【員数】1棟
【時代・年】奈良時代・710~793年
【構造・形式】桁行三間、梁間三間、校倉、寄棟造、本瓦葺
【重文指定日】1904.02.18
【国宝指定日】1959.06.27
【説明】宝蔵は奈良時代の建立であり、校倉の形式になる。 規模が大きく、二軒の屋根をもち、内部棚廻りまで旧規を存しており、奈良時代校倉の代表的遺構である。

出典:国指定文化財等データベース一部抜

唐招提寺の国宝一覧

金堂
講堂
鼓楼
経蔵
鑑真和上坐像』(御影堂)
盧舎那仏坐像』(脱活乾漆)
薬師如来立像』(木心乾漆)
千手観音立像』(木心乾漆)
梵天・帝釈天立像』(木造・乾漆併用/彩色)
四天王立像』(木造・乾漆併用/彩色)
舎利容器』(白瑠璃舎利壺(鑑真和上将来舎利納入)、方円彩糸花網、金亀舎利塔)

拝観情報

時間:8:30~17:00(受付は30分前まで)
料金:大人¥600、中高生¥400、小学生¥200
電車:近鉄「西ノ京駅」徒歩約10分
バス:JR奈良駅・近鉄奈良駅からバスあり「唐招提寺」下車
Webサイト:http://www.toshodaiji.jp/index.html

鑑賞ログ 2019.1.3

境内の隅にひっそりと建っている国宝2棟。 唐招提寺は国宝だらけだし、あまり見向きもされていないが、校倉造の美しい高床の小ぶりな倉庫。創建当時の建物ということで1260年も経っているのか。

国宝データ 建造物カテゴリの最新記事