唐招提寺 経蔵[奈良]

唐招提寺 経蔵[奈良]

唐招提寺のこと

唐招提寺は、鑑真和上が朝廷から新田部親王の邸宅跡地を賜り建てた寺院で、講堂などは朝廷の建物を移築したものである。 新田部親王邸の頃の遺構もいくつかあり、経蔵や瓦の一部などは当時のものだと推定される。

国宝『経蔵』

この経蔵は、寺になる以前の新田部親王邸にあった米蔵を改装したと伝わり、唐招提寺でも最古の建造物。 正倉院などと同じ高床式の「校倉造」で作られており、現存する最古の校倉建築である。 

国宝の『経蔵』は唐招提寺の創設以前から建っている

金堂の東にひっそり建っており、北隣には経蔵よりひと回り大きいサイズで同じく国宝の『宝蔵』が建っている。 経蔵は宝蔵よりも5年半ほど早く国宝に指定されている。

国宝『唐招提寺経蔵』は日本最古の校倉造

その他の唐招提寺の国宝

金堂
講堂
鼓楼
宝蔵
鑑真和上坐像』(御影堂)
盧舎那仏坐像』(脱活乾漆)
薬師如来立像』(木心乾漆)
千手観音立像』(木心乾漆)
梵天・帝釈天立像』(木造・乾漆併用/彩色)
四天王立像』(木造・乾漆併用/彩色)
舎利容器』(白瑠璃舎利壺(鑑真和上将来舎利納入)、方円彩糸花網、金亀舎利塔)

拝観情報

時間:8:30~17:00(受付は30分前まで)
料金:大人¥600、中高生¥400、小学生¥200
電車:近鉄「西ノ京駅」徒歩約10分
バス:JR奈良駅・近鉄奈良駅からバスあり「唐招提寺」下車
Webサイト:http://www.toshodaiji.jp/index.html

国宝指定データ

【台帳・管理ID】102-2481
【指定番号】00152
【種別】近世以前/寺院
【指定名称】唐招提寺経蔵
【ふりがな】とうしょうだいじ経ぞう
【員数】1棟
【時代・年】奈良時代・710~793年
【構造・形式】桁行三間、梁間三間、校倉、寄棟造、本瓦葺
【重文指定日】1904.02.18
【国宝指定日】1953.11.14
【説明】宝蔵は奈良時代の建立であり、校倉の形式になる。 規模が大きく、二軒の屋根をもち、内部棚廻りまで旧規を存しており、奈良時代校倉の代表的遺構である

出典:国指定文化財等データベース一部抜

鑑賞ログ 2019.1.3

唐招提寺をぐるりと回って最後に出てきたのがこの『経蔵』、北隣にある宝蔵よりも更に小ぶりで、他の観光客の方もスルーしています。 ここは国宝だらけで「国宝」とか看板も出ていないので、パンフレットを見ていなければスルーも仕方ないですよね。

国宝データ 建造物カテゴリの最新記事