源氏物語絵巻[徳川美術館]

源氏物語絵巻[徳川美術館]

国宝『源氏物語絵巻』

源氏物語が出来た時代(西暦1000年頃)に近い、平安時代末期のもので、現存している中で最古の源氏物語絵巻。 徳川美術館所蔵のものは尾張徳川家に伝来した3巻の巻物で、蜂須賀家にも1巻分(鈴虫・夕霧・御法)が伝わったが、現在は五島美術館が所蔵している。

3巻は昭和初期に分断され、絵が15面、詞が28面の額装になったが、保存状態の問題で現在はまた巻子本に直されている。 絵と文が交互になっており、蓬生・関屋・絵合・柏木・横笛・竹河・橋姫・早蕨・宿木・東屋の帖から、1~2場面が描かれている。

絵は典型的な「やまと絵」の手法で、上から見下ろすような俯瞰のアングルで、屋根が取り払われた「吹抜屋台」で室内の様子が描かれている。 人物の顔は「引目鉤鼻(ひきめかぎばな)」と呼ばれる様式的な描き方で、人物の描き分けはあまり意識されない。 源氏物語の成立時期に近いので、衣服や調度など風俗の資料としても貴重。

こちらで画像が見られます

画像の一部は、徳川美術館のWebサイトで見ることができます。

この国宝を観るには

徳川美術館で11月頃に公開されることが多い。

徳川美術館 基本情報

住所:名古屋市東区徳川町1017
電車:JR中央線「大曽根」徒歩約3分
バス:名古屋駅バスターミナル10番:市営バス、11番:名古屋観光ルートバス、名鉄バスセンター:名鉄バス
時間:10:00~17:00(入館は~16:30)
料金:大人¥1,400、大高校生¥700、小中学生¥500(変動あり)
駐車場:乗用車17台(無料)市営駐車場¥120/30分だが70台あり
施設:蓬左文庫、徳川園
公式サイト: https://www.tokugawa-art-museum.jp/

徳川美術館の他の国宝

『短刀 銘吉光(名物後藤藤四郎)』
『太刀 銘来孫太郎作』
『太刀 銘国宗』
『短刀 無銘正宗(名物庖丁正宗)』
『太刀 銘正恒』『太刀 銘光忠』
『太刀 銘長光(名物遠江長光)』
『婚礼調度類 一括(徳川光友夫人千代姫所用)』

文化財指定データ

台帳・管理ID 201-35
指定番号   00032-00
指定名称   紙本著色源氏物語絵巻〈絵十五面/詞二十八面〉
員数     43面
国・時代   日本・平安倉時代
所有者    徳川美術館
国宝指定日  1952.03.29

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

国宝データ 絵画カテゴリの最新記事