四天王立像[唐招提寺金堂/奈良]

四天王立像[唐招提寺金堂/奈良]

国宝『四天王立像』

唐招提寺は、奈良時代の759年に鑑真が創設した寺院で、律宗の総本山である。 金堂には9体の仏像が安置されるが、全て国宝に指定されている。 この『四天王立像』は須弥壇の4隅に安置され、諸尊を守護している。 

金堂内の仏像で、盧舎那仏は脱活乾漆造、薬師如来・千手観音は木心乾漆造だが、この四天王立像は梵天・帝釈天と同じ木造。 奈良時代末~平安初期に作られたと考えられ、梵天・帝釈天と同じ工房で作られたと考えられている。

像はいずれも180cm代の後半で、梵天・帝釈天に比べると力強さが強調されている。 広目天・多聞天は動きは少ないが引き締まった表情をしており、持国天・増長天には武将らしさが濃い。

こちらで画像が見られます

唐招提寺のサイト内で金堂の諸仏画像が見られます

その他の唐招提寺の国宝

金堂
講堂
鼓楼
宝蔵
経蔵
鑑真和上坐像』(御影堂)
盧舎那仏坐像』(脱活乾漆)
薬師如来立像』(木心乾漆)
千手観音立像』(木心乾漆)
梵天・帝釈天立像』(木造・乾漆併用/彩色)
舎利容器』(白瑠璃舎利壺(鑑真和上将来舎利納入)、方円彩糸花網、金亀舎利塔)

拝観情報

時間:8:30~17:00(受付は30分前まで)
料金:大人¥600、中高生¥400、小学生¥200
電車:近鉄「西ノ京駅」徒歩約10分
バス:JR奈良駅・近鉄奈良駅からバスあり「唐招提寺」下車
Webサイト:http://www.toshodaiji.jp/index.html

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-233
【指定番号】00071-00
【種別】彫刻
【指定名称】木造〈梵天/帝釈天〉立像(所在金堂)
【ふりがな】もくぞうぼんてんたいしゃくてんりゅうぞう
【員数】2躯
【国】日本
【時代・年】奈良時代
【ト書】各の台座に戯画がある
【所有者】唐招提寺
【重文指定日】-
【国宝指定日】1953.03.31

出典:国指定文化財等データベース一部抜

鑑賞ログ 2019年1月

梵天・帝釈天と言えば東寺の象とガチョウに乗った一対だけど、こちらは全く趣が異なり、古い時代の文官姿の四天王や、奈良から平安あたりの菩薩のような姿をしています。 いかにも奈良の古いお寺のものという感じ。

国宝データ 彫刻カテゴリの最新記事