東大寺山古墳出土品[東京国立博物館]

東大寺山古墳出土品[東京国立博物館]

東大寺山古墳のこと

奈良県天理市櫟本町にある全長130~140mの前方後円墳で、現在は天理教の施設内に位置している。 JR桜井線(万葉まほろば線)で、奈良駅方面から見ると天理駅の1つ手前に位置する「櫟本(いちのもと)」駅から東に1kmほどの距離にある。

東大寺からはかなりの距離があるが、これは東大寺の領地だったことがあるために残った名前。 4世紀頃に造営され、当時この地は豪族「和珥(わに)氏」の勢力範囲だったため、同氏一族の墳墓だと推定される。

国宝『東大寺山古墳出土品』

奈良県天理市の「東大寺山古墳」を、昭和36年(1961年)に発掘調査した際に、後円部からは「葺石」「円筒埴輪列」「靫形・甲冑形埴輪」が、後円部粘土槨からは「碧玉製腕飾類(鍬形石・車輪石・石釧)」「滑石製台付坩」などが、棺外から「鉄剣」「環頭(素環頭・青銅製環頭)大刀」などの武器・武具類・革製漆塗楯などが出土した。

国宝『東大寺山古墳出土品』 鏃形石
国宝『東大寺山古墳出土品』 石製台付坩

特に「金錯銘花形飾環頭大刀」には、金象嵌で24文字の銘が刻まれており、その中の「中平」は中国後漢時代の184~189年に使用された紀年名で、この大刀はその頃に作られたものだと考えられる。 日本で発見された紀年入りの刀剣類の中で最古のもの。 この刀にある青銅製の柄頭には日本独自の模様が入っており、この部分は4世紀に日本で作成したものを取り付けたと考えられる。 刀の制作時期が卑弥呼の時代とも一致することから、魏から卑弥呼に贈られた大刀だとする説もある。

国宝『東大寺山古墳出土品』金象嵌花形飾環頭大刀「中平」銘
国宝『 東大寺山古墳出土品 』花形飾環頭柄頭

金象嵌花形飾環頭大刀「中平」銘 1本
環頭大刀・木製把頭大刀 13本
鉄剣・ヤリ 25点以上
銅鏃 261点
革製短甲 1点
巴形銅器 7点
玉類計 62点
鏃形石製品 45点
坩形石製品 13点

国宝『東大寺山古墳出土品』石製坩

この国宝を観るには

東京国立博物館の平成館1Fで、ほぼ常設展示されている。

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-11754
【指定番号】634
【種別】考古資料
【指定名称】奈良県東大寺山古墳出土品
【ふりがな】ならけんとうだいじやまこふんしゅつどひん
【員数】一括
【時代・年】古墳時代前期(4世紀)
【所在地】東京国立博物館
【国宝指定日】2017.09.15
【説明】奈良県天理市の前方後円墳から出土した古墳副葬品の一括。金錯銘花形飾環頭大刀には中国後漢の年号「中平」銘があり、金石文の国内最古例。また、他に例のない花形・家形飾環頭をはじめ、鍬形石、坩形石製品、銅鏃、巴形銅器など多彩な資料で構成される。

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

国宝データ 考古・歴史資料カテゴリの最新記事