大太刀 無銘 伝豊後友行[大山祇神社/愛媛]

大太刀 無銘 伝豊後友行[大山祇神社/愛媛]

国宝『大太刀 無銘 伝豊後友行』

無銘だが、豊後(現在の大分県)の刀工「友行」の作だとされる大太刀で、刃長だけで180cmという大きさ。 大太刀は、鎌倉~南北朝時代の豪壮な刀剣が好まれた時代に流行し、別名「野太刀」とも呼ばれた。 湊川の戦いで、楠木正成を討ったとされる「大森彦七」の愛刀だったと伝わる。 革の拵「野太刀拵」が、附として国宝に指定されている。 

大山祇神社のこと

瀬戸内海に浮かぶ「大三島」にあり、社伝によると仁徳天皇の次代に創建されたといい、伊予国の一の宮とされた。 全国の山祇神社や三島神社の総本社で、海や戦の神とされる大山積神をまつるため武門の信仰が厚く、多数の奉納品が伝わっている。

大山祇神社[愛媛県大三島]

この国宝を観るには

本殿の隣にある「宝物館」で公開されているので、原則として開館時間内はいつでも観ることができる。

大山祇神社 宝物館

文化財指定データ

【台帳・管理ID】201-518
【指定番号】00222-00
【指定名称】大太刀〈無銘伝豊後友行/〉
【ふりがな】おおたち〈むめいでんぶんごともゆき〉
【員数】1口
【時代・年】南北朝時代
【作者】伝豊後友行
【附指定】野太刀拵
【所有者】大山祇神社
【国宝指定日】1958.02.08

出典:国指定文化財等データベース一部抜粋

国宝データ 刀剣カテゴリの最新記事