情報|東寺 宝物館「東寺御影堂と弘法大師信仰」 東寺2019秋期特別公開[京都]

情報|東寺 宝物館「東寺御影堂と弘法大師信仰」 東寺2019秋期特別公開[京都]

東寺 秋の特別公開2019

東寺では、毎年春と秋に特別公開が企画されます。 宝物館での企画展のほか、五重塔内部拝観や夜間ライトアップなど、桜・紅葉の名所としても有名な東寺の境内全体が盛り上がります。

宝物館「東寺御影堂と弘法大師信仰」展

東寺の西側に位置して現在は修理工事中の「御影堂」は、弘法大師空海の住坊だったと伝えられています。 毎朝、弘法大師に食事を供する「生身供(しょうじんく)」もこちらで行われるなど、弘法大師信仰の中心になってきました。 今回の企画展では、御影堂の歴史と宝物を中心に展示されるようです。

東寺 宝物館「東寺御影堂と弘法大師信仰」2019秋期

期間:2019/9/20~11/25
時間:9:00~17:00(受付は30分前まで)
料金:大人¥500、中学生以下¥300

この企画展で観られる国宝

国宝『兜跋毘沙門天立像
国宝『東宝記』巻3・6
附指定「御影堂棟札」(国宝『東寺 御影堂』の附)

東寺 宝物館「東寺御影堂と弘法大師信仰」2019秋期

その他の主な展示品

重文「東寺御影堂牛王宝印版木」
重文「千手観音菩薩立像」
重文「地蔵菩薩立像」
重文「五重小塔」
重文「夜叉神立像(雄夜叉)」
重文「東寺文書」
重文「東寺観智院金剛蔵聖教類」
重美「金銀字法華経宝塔図」
「弘法大師像」堂本印象筆
「菊御紋菊鶏水仙鴛鴦花瓶」昭憲皇太后遺品

五重塔初層 特別公開

京都のシンボルともいえる東寺の国宝『五重塔』ですが、内部は中心の柱を大日如来に見たて、立体曼陀羅のように仏像や仏画を配置してあります。 内部公開期間は、扉から中の様子を拝見することができます。

期間:2019/10/26~12/8
時間:8:00~17:00(受付は30分前まで)

立体曼陀羅に入る

21躯の仏像で構成される「立体曼陀羅」が有名な東寺の講堂は、この期間だけ「立体曼陀羅に入る」ことができます。 と言っても、仏像の間に入れるわけではなく、立体曼陀羅の後ろ側にまわり込めるというもの。 普段は前方からしか観られない仏像を後ろの角度から観ることができます。

国宝『五大菩薩坐像
国宝『五大明王像
国宝『梵天坐像、帝釈天半跏像
国宝『四天王立像』

期間:2019/10/26~12/8
時間:8:00~17:00、18:30~21:30(受付は30分前まで)

紅葉ライトアップと金堂・講堂夜間特別拝観

金堂・講堂の東、五重塔の北側は、庭を中心にした庭園が広がっています。 紅葉がライトアップされ、金堂・講堂は21:30まで拝観することができるので、夜の時間を有効に使うことができます。

期間:2019/10/26~12/8
時間:18:30~21:30(受付は30分前まで)

拝観料

9/20~10/25
金堂・講堂 大人¥500、高校生¥400、中学生以下¥300
宝物館  大人¥500、中学生以下¥300
観智院  大人¥500、中学生以下¥300
共通券  大人¥1,000、中学生以下¥500

10/26~11/25
金堂・講堂・五重塔初層 大人¥800、高校生¥700、中学生以下¥500
宝物館  大人¥500、中学生以下¥300
観智院  大人¥500、中学生以下¥300
共通券  大人¥1,300、中学生以下¥800

11/26~12/8
金堂・講堂・五重塔初層 大人¥800、高校生¥700、中学生以下¥500
観智院  大人¥500、中学生以下¥300
共通券  大人¥1,000、中学生以下¥600

10/26~12/8(夜間)
金堂・講堂 大人¥1,000、中学生以下¥500

情報 寺社・ご開帳・地域カテゴリの最新記事