古筆

情報|大倉集古館「彩られた紙―料紙装飾の世界―」2020/4/18~5/24 ※中止

★新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で、開催中止になりました 大倉集古館のこと 大倉集古館は、明治~大正期の実業家で大倉財閥の創始者「大倉喜八郎」が自身のコレクションを元に、日本初の私立美術館として […]

情報|五島美術館「茶道具取合せ展」2019/12/14~2020/2/16[東京]

茶道具取合せ展 毎年恒例の茶道具が主役の展覧会です。 茶道具といっても、お茶碗や釜などのお道具類から、床に掛ける古筆や墨蹟、お道具の仕覆などで珍重された裂手鑑など、総合芸術と言われるだけあって幅広い作 […]

情報|京都国立博物館「佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」2019/10/12~11/24[京都]

佐竹本三十六歌仙絵の断簡 平安時代までの優れた歌人36人を集めた「三十六歌仙」は、古くから歌集や絵の題材になってきました。 秋田藩主の佐竹家に伝来したため「佐竹本」と呼ばれるこの作品群は、元は2巻の巻 […]

情報|松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ~和泉市久保惣記念美術館の名品」2019/10/5~11/24

和泉市久保惣記念美術館のこと 明治期から綿業で財をなした「久保惣(久保惣株式会社)」の創業一家である久保家が、数代にわたって収集した美術品のコレクションをベースに、久保家が土地建物や基金も寄付してでき […]

情報|東京国立博物館「顔真卿 王羲之を超えた名筆」展1/16~2/24

顔真卿 王羲之を超えた名筆展 2019年最初の特別展は、「顔真卿 王羲之を超えた名筆」展で、お察しの通り中国の書の展示です。 書にあまり詳しくない人には「顔真卿」も「王羲之」も何のこっちゃ?ですが、好 […]