短刀

短刀 銘 左 筑州住(太閤左文字)[ふくやま美術館/広島]

国宝『短刀 銘 左 筑州住(太閤左文字)』 筑前左文字派の初代「源慶」による短刀で、豊臣秀吉の所有であったことから「太閤左文字」と通称される。 秀吉の没後に徳川秀忠に渡り、その後は紀州徳川家に伝わった […]

情報|徳川美術館「徳川将軍 ゆかりの名刀」2019/4/14~6/2[愛知]

徳川美術館 徳川美術館は、江戸時代の御三家筆頭だった尾張徳川家の宝物が元になっており、尾張徳川家の隠居所であった大曽根屋敷跡地に、池泉回遊式庭園の「徳川園」や尾張徳川家の蔵書を元にした「蓬左文庫」など […]

短刀 銘 吉光(名物後藤藤四郎)[徳川美術館/愛知]

藤四郎吉光のこと 鎌倉中期頃に山城国(現在の京都府)で活躍した、粟田口派の刀工「藤四郎吉光」は短刀の名手で、秀吉に「天下の三名工」といわれたほどだが、年が彫ってあるものが少なく詳しい活躍年代などはわか […]

短刀 無銘正宗(名物日向正宗)[三井記念美術館/東京]

国宝『短刀 無銘正宗(名物日向正宗)』 相模国(現在の神奈川県)の刀工「正宗」による短刀で、正宗の他の大半の刀剣と同様、無銘である。 反りは無く、刃文はのたれに互の目が交じる、正宗らしいもの。 短刀に […]

短刀 無銘貞宗(名物徳善院貞宗)[三井記念美術館/東京]

相州貞宗 貞宗は、相州(相模国=現在の神奈川)の刀工で、鎌倉時代末頃~南北朝時代に活躍した。 相州伝を代表する名工「正宗」の子(養子の説もある)で、彦四郎の名もあるが、銘の入る刀剣は現存しない。 正宗 […]