備前長船派

太刀 銘 長光(大般若長光)[東京国立博物館]

国宝『大般若長光』 備前(現在の岡山県)長船派の刀工「長光」による太刀で、長光は長船派の2代目で、初代光忠の子だと考えられる。 長光が複数名いるという説もあったが、現在は1名の作風の幅広さだと考えられ […]

太刀(小竜景光) 銘備前国長船住景光 元亨二年五月日

国宝『小竜景光』 刀の手元に近い部分に「倶梨伽羅竜」が彫ってあるのでこの名前で呼ばれる。 楠木正成が所持したと伝わり、江戸時代末には試し斬りを家業とした山田浅右衛門家の所有だった。 明治に入り皇室に献 […]